猫のお腹の皮のたるみは何が原因?ダイエットの必要性は?



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫のお腹の皮がたるんでる……もしかして、肥満?」

と心配してはいませんか?

 

確かに、猫のお腹周りや首のあたりなどに、

たるみを感じるをことがありますよね。

 

今回の記事では、猫の体の皮のたるみについて、

その原因を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫のお腹の皮のたるみ、原因は?

猫のお腹から太股の部分に見られることがある、皮のたるみ。

 

つい肥満を疑いがちですが、実際のところ、

一体何が原因なのでしょうか?

 

まずは、考えられる理由を紹介していきます。

 

多少のたるみは自然なもの

猫のお腹の皮のたるみは「ルーズスキン」とも呼ばれ、

ケンカの際には致命傷を避ける役割を持つ、

ごく自然なものだとされています。

 

また、メス猫の場合は避妊手術によって

お腹の皮がたるむことがありますが、

この場合も特に心配する必要はないと言えるでしょう。

 

品種によってはたるみが特徴となることも

猫の自然なルーズスキンは、

特定の品種においては欠かせない特徴となっているそうです。

 

アメリカンショートヘアやエジプシャンマウ、ベンガル

といった猫のお腹がたるんでいるのは、

その品種らしい個性だというわけですね。

 

スポンサーリンク

ダイエットの必要性の有無、どう見分ける?

肥満との見分けがつきにくい、猫のルーズスキン。

 

ダイエットが必要かどうか見極めるには、

どんな点をチェックすればよいのでしょうか?

 

ここでは、猫の自然なルーズスキンと肥満を見分ける方法

について解説していきます。

 

まずは手で触ってみる

飼い猫のお腹のたるみが気になったら、

まずは手で触れて感触を確かめましょう。

 

このとき、たるんでいるのが皮だけならルーズスキン、

皮の下に脂肪が感じられるなら肥満の可能性が高いと考えられます。

 

猫の体型チェックも忘れずに

お腹のたるみを触ってみても判断がつかない場合には、

四つ足で立っている猫を上から見下ろしてみてください。

 

この際、猫のウエストにくびれがなく

お腹が横に張り出しているように見えるなら、

単なるルーズスキンではなく太りすぎだと言えるでしょう。

 

ダイエット後の猫は皮が余る!?

「ダイエットには成功したはずなのに、猫のお腹がタプタプしてる……」

ということもありますよね。

 

きちんと体重は減ったのにお腹がたるんでいるなんて、

一体なぜなのでしょうか?

 

最後に、ダイエット後の猫のお腹のたるみついて説明していきます。

 

伸びた皮は元に戻らない

猫の場合も人間と同様に、太るにつれて皮膚が引き伸ばされていきます。

 

そして、一度伸びた皮は元には戻らないため、

ダイエットに成功した後も、

皮だけはたるんだままになってしまうのです。

 

猫には人間のように美容整形手術を受けさせるわけにはいきませんから、

残念ながらこのたるみはどうすることも出来ません。

 

 

ダイエット成功の勲章として、

「致命傷を受けにくくなった」と前向きに受け止めてあげましょう。

 

 

実は自然なものだと分かった、猫のお腹のたるみ。

肥満のせいでないことが確認できたら、

個性として受け入れてあげてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ