【直毛で耳が立った猫】デザートリンクスの性格と特徴


【直毛で耳が立った猫】デザートリンクスの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、デザートリンクスの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

デザートリンクスの由来

デザートリンクスは、

ボブキャットとイエネコのハイブリット種ではないかと判断されている

「デザートリンクス・グループ」に属しています。

 

デザートリンクス・グループには、デザートリンクスの他、

が所属しており、こちらの猫種は代表的なものといえます。

 

いまだ公認している団体は数少なく、世界的にみても非常にマイナーな猫種かと思われます。

 

グループの分類体系は、コートと耳の特徴によって決まります。

コートがホワイトならばアルパインリンクスとなります。

 

他の三種は被毛の色が自由です。

  • 巻き毛であればモハーベボブ、
  • 直毛で耳がカールしていたらハイランドリンクス、
  • 直毛で耳が立っていたらデザートリンクス

とされています。

スポンサーリンク

デザートリンクスの特徴

デザートリンクス・グループの特徴は、

ワイルドなボブキャットを思い起こさせる、がっしりと筋肉質なボディです。

 

アイカラーはブルーやグリーンからオッドアイまで様々です。

手足の間にある房毛がチャーミングです。

 

多くの場合は指がポリダクティル(多指)となっております。

しっぽの長さは規定がなく、短いことも長いこともあります。

 

コートは短毛種と長毛種に別れるほか、カラーも非常に多彩です。

ソリッド(単一色)の他、スポット、マッカレル、タビーなど、さまざまなカラーのコートを楽しめます。

 

デザートリンクスの性格

ワイルドなルックスにそぐわず、飼い主には忠実で愛情深いことがわかっています。

社交性が高く、他のペットや子供と共存するのも難しくありません。

非常に賢く、しつけも比較的易しい猫種です。

 

デザートリンクスを飼う際の注意点

ボブキャット(アメリカを含むカナダ南部からメキシコ北東部にかけて生息するオオヤマネコ・Lynx rufus)との

ハイブリッドであることから根底にはワイルドな気質が残っています。

 

室内で飼うのであれば、

充分に運動ができるよう高低差に気を配ったスペースのレイアウトが必要です。

 

特に縦の上下運動が大切になります。

キャットタワーや登り棒を別途用意し、部屋に設置してあげるとよいでしょう。

 

本棚などの家具があるならば、高さ別にならべかえてあげれば代わりにもなります。

 

食事は運動量にあわせて高品質で栄養価の高いものをたっぷりと与えましょう。

グルーミングとしてブラッシングを日に一度ほどしてあげましょう。

忠実で愛情深い猫のため、適度なスキンシップがストレス対策となります。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ