1匹だけ太ってる!?多頭飼いの猫をダイエットさせる3つのコツ



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫を複数飼っていると、

そのうちの1匹だけが肥満になってしまうことがありますよね。

 

多頭飼いにおける猫のダイエットは難しく、

飼い主にもいっそうの工夫が必要になることも。

 

今回の記事では、多頭飼いの猫をダイエットさせる3つのコツと、

ダイエットにおける計量の大切さについて解説していきます。

スポンサーリンク

 

多頭飼いの猫、なぜ1匹だけ太る?

猫を多頭飼いしている家庭で起こりがちなのが、

「複数いる猫のうち、1匹だけ太っている」という状況です。

 

「同じように飼っているはずなのに、

どうして1匹だけ肥満になったんだろう?」と思うかもしれませんが、

実は飼育環境に問題があることも。

 

まずは、考えられる原因について解説していきます。

 

1.餌の量が多すぎる

1日に必要な餌の量は、猫の性別や年齢、体格などによって異なります。

 

そのため、すべての猫に同じ量の餌を与えていても、

猫によってはカロリーの過剰摂取になっているケースがあります。

 

2.ほかの猫の分まで食べている

置き餌にしていたり、

飼い主が食事の様子をよく見ていなかったりする場合、

太っている猫がほかの猫の餌を横取りしている可能性が考えられます。

 

必要な量だけ餌を与えられるよう、

飼い主にも工夫が求められるでしょう。

 

スポンサーリンク

多頭飼いの猫をダイエットさせる3つのコツ

では、複数いる猫のうち1匹だけを痩せさせたい場合、

どんな工夫が必要となってくるのでしょうか?

 

ここでは、多頭飼いの猫のダイエットにおける

3つのコツを紹介していきます。

 

1.餌の量はきちんと計る

基本的に、猫のダイエットは食事制限によって行います。

 

太っている猫が食べ過ぎないよう、餌の量はしっかりと計り、

摂取カロリーをコントロールするようにしてください。

 

2.食事時は太っている猫だけ隔離する

肥満の猫がほかの猫の餌を横取りしないよう、

食事時には別の部屋に隔離することも必要です。

 

また、隔離には「自分だけ餌が減った」という不満を感じさせない効果も。

 

3.ダイエットのストレスを感じさせない

減量によるストレスは、要求鳴きなどの問題行動や、

ほかの猫とのケンカにつながることもあります。

 

肥満の猫が空腹感や不公平感を感じないよう、

なるべく腹持ちのよいフードに切り替えたり、

おやつだけは平等に与えたりといった配慮をすることが大切です。

 

餌の量と体重は厳密に計るべし

猫のダイエットの成功を左右するのが、餌の量と体重の厳密な計量です。

最後に、これらの計量が重要な理由について説明していきます。

 

猫にとって1gの差は大きい

猫は、私たち人間よりもはるかに体重の軽い生き物ですよね。

 

そのため、たとえ1g(3~4kcal)の餌の量の違いでも、

猫の体重には大きな影響を与えることになるのです。

 

猫のダイエットを行う際には、キッチンスケールなどを使い、

餌の量を1g単位で管理するようにしてください。

 

目に見える変化は飼い主にモチベーションになる

また、月に2~6%の割合で進める猫の減量は、

体重の変化が分かりにくいことが多いです。

 

ダイエットの成果を目に見える数値で表し、

飼い主のモチベーションを高めるためにも、

体重計には10g単位で重さを計れるものを使用するとよいでしょう。

 

 

こういった吊り下げ式の計量器なら、

猫をキャリーバッグなどに入れたまま体重を計ることが可能です。

 

 

そう簡単にはいかない、多頭飼いにおける猫のダイエット。

狙った1匹だけを痩せさせられるよう、

飼い主が色々と工夫をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ