【友好的でワイルドな外見の猫】ジェネッタの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ジェネッタの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

ジェネッタの由来

一見、野生の猫のように見えるジェネッタは、

アフリカンジェネッタ(アフリカジャコウネコ)に似た、

イエネコを作り出そうという試みの結果生まれました。

 

2006年にシャノン・キリー氏がはじめて作出に成功し、

現在も進化の途中にある、とても新しい品種です。

 

 

モデルとなったアフリカンジェネッタの特徴は、

野生猫らしいがっしりとした体つきや短い足、

被毛の斑点模様などにあります。

 

キリー氏はこの特徴を再現するために、マンチカンベンガル

サバンナオリエンタルなどの猫を交配させることで、ジェネッタを誕生させました。

 

この世に生み出されたばかりのジェネッタは、

現在でも非常に希少な品種となっており、知る人ぞ知る幻の猫となっています。

スポンサーリンク

ジェネッタの特徴

ジェネッタ最大の魅力は、その野性味あふれるルックスにあると言えるでしょう。

個性的な短い足や見事な斑点模様のある被毛、長い胴といった特徴は、

それぞれマンチカンやベンガル、オリエンタルから受け継いだもの。

 

大きくて丸みのある耳や、イタチに似た鼻先も、

まさにアフリカンジェネッタそのものです。

 

被毛の色はブラウンやブラック、シナモンなど実に多様。

ほかの猫とは一味違うワイルドな外見には、

なんだかスペシャルな雰囲気を感じてしまいますよね。

 

ジェネッタの性格

野生的な見た目のジェネッタですが、その性格はいたって友好的

遊び好きで活発です。

 

知らない人には警戒心が強い一面はありますが、

一般的な猫と変わらない性質の持ち主だと言えるでしょう。

 

ジェネッタを飼う際の注意点

素晴らしい被毛を持つジェネッタですが、お手入れにはさほど手間はかかりません。

週に1回程度のブラッシングを行うだけで、その美しい毛並みを維持することが可能です。

 

ジェネッタを飼うにあたって気をつけたいのは、

椎間板ヘルニアという病気。

 

胴の長いジェネッタは、犬のダックスフントなどと同じように、

椎間板ヘルニアにかかるリスクが高いと言われています。

 

滑りやすいフローリングでの飼育は負担となるため、

カーペットなどを敷いた場所で飼うようにしてください。

 

 

また、肥満も椎間板へ悪影響を及ぼします。

食事量や運動量をしっかりと管理して、太らせないよう気をつけることが大切です。

 

椎間板ヘルニアは早期発見が肝心。

普段と違う歩き方をしていたり、

背中に触れたときに痛がる様子があったりしたら、

すぐに病院に連れて行ってくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ