【興味無し】またたびに無反応な猫たち特集



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「またたびに無反応の猫」

にわかには信じ難い事ですが、事実です。

 

無反応という状態に関しては、

「またたび」という植物が、

「猫」にどの様な影響をもたらしているかを

きちんと理解していれば、決して不思議な事ではありません。

 

今回は、またたびに無反応な猫たちについてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

子猫はまたたびに無反応!?

またたびとは、

性的興奮に似た錯覚を起こす為、

未成熟な子猫に与えたところで、

反応を示す事はありません。

 

また、「与えてはならない」

という事は無く、ごく少量であれば、与えても問題ありません。

 

しかし、成猫に与えるつもりで

またたびを与えてしまうと、

子猫の小さな体には効き過ぎてしまう為、

考慮が必要です。

 

またたびは与えたからと言って、

「有害」「健康に良いとされる事」、

どちらにおいても効果はあまり無い為、

子猫の内から与える事は無いと言えます。

 

詳しくは、下記URLを参考にして下さい。

→【子猫とまたたび】いつからまたたびは与えて良いの?

 

スポンサーリンク

メス猫にまたたびを与えても無反応?

メス猫がまたたびに無反応の理由を勉強する前に、

まずは、

オス猫とメス猫の繁殖期(※1)の迎え方について勉強しましょう。

 

メス猫は、春の訪れと共に、繁殖期を迎えます。

 

主なシーズンは、

「2~4月」「6~8月」です。

 

比較的、暖かい季節に繁殖期が訪れるのは、

餌が豊富な上、子猫にとって快適に過ごせるので、

生存率が上がる為です。

 

一方、オス猫は、メス猫が発情する季節に合わせ発情します。

 

また、

発情していなかったオス猫でも、

発情しているメス猫の近くにいると、

数日中に、発情期を迎えるとされています。

 

この事から分かる様に、

オス猫は、他者の発情に釣られる事があります。

 

その為、発情に近い反応を示すまたたびは、

オス猫には効果はあれど、

メス猫では無反応という結果がみられるのです。

 

解説

(※1)繁殖期とは?

交尾をし、子孫を残そうとする欲求が高まる期間の事を指します。

また、繁殖期は2種類に分けられ、

季節に合わせ、繁殖期が訪れる「季節性」

1年に複数回、繁殖期が訪れる「多発性」に分けられます。

 

去勢・避妊の手術を終えた、不妊手術済の猫

去勢(※2)・避妊(※3)を終えた猫の場合、

繁殖能力がありません。

 

また、発情する為のホルモンを作り出す事も出来なくなる為、

またたびの匂いを嗅いだところで、

錯覚を起こす事が出来なくなるという事です。

 

解説

(※2)去勢とは?

精巣を摘除する事をいいます。

精巣を摘除する事により、精子を作り出す事が不可能となる為、繁殖能力が無くなります。

また、精巣には雄性ホルモンを作る働きがあります。

これは、発情する為、脳に刺激を与えるホルモンと言われています。

 

(※3)避妊とは?

左右の卵巣、子宮角、子宮体部(子宮の上3分の2)、子宮頸管を摘出する事をいいます。

望まない出産を行わない為に行われる事が殆どです。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ