【またたび嫌いな猫がいる!?】またたびを嫌う猫の特性とは?



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫にまたたび」

という言葉があるにも関わらず、

猫がまたたびを嫌う事など、あるのでしょうか?

 

しかし、それは人間が勝手に思い込んでいるだけかもしれません。

 

今回は、またたび嫌いの猫についてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

またたびアレルギーの猫

「十人十色」という言葉があります。

 

これは猫においても同じ事が言えます。

 

一般的に猫にとって、またたびの香りは、

心をくすぐる甘美な香りと言われています。

 

しかし、そうでない猫もいます。

 

それどころか、

またたびに対し、アレルギー反応を起こす猫もいます。

 

この様な猫の場合、

またたびの香りを嗅ぐと、

「震え」「嘔吐」「呼吸困難」等をし、

最悪の場合、死に至る事もあります。

 

その為、猫に初めてまたたびを与える際は、

「またたび風」「人工的なまたたび」等、

またたびを模した物を与え、

その反応を観察する事をオススメします。

 

この時、またたびに全く反応しなかった場合、

要注意と判断しましょう。

 

スポンサーリンク

またたび嫌いの猫

またたびが嫌いな猫は僅かであり、極めて珍しいです。

 

しかし、またたび嫌いを

子猫の時点で判断をしてはいけません。

 

他のタイトルでもご紹介していますが、

またたびは、猫において、

性的興奮を見出す為の物でもあります。

 

その為、

繁殖能力が不十分な子猫にまたたびを与えたところで、

「反応を示さない」「側方を向く」のは当たり前の事です。

 

まだ幼い猫に対しては、

生後1歳齢程になってから、判断する事が妥当でしょう。

 

 

一方、

生後1歳齢を超えたにも関わらず、

またたびを嫌い、

またたびの香りを嗅いだ途端、逃げる猫もいます。

 

この様な反応に対し、

詳しい事は、未だに解明されていません。

 

しかし、猫が「香りを嗅いだ途端に逃げる」という事は、

その猫にとって、体に害を与える危険性があるとも取れます。

 

またたびは、摂取したからといって、

体を健康にする物ではありません。

 

嗜好品の1種です。

 

その為、嫌がる場合は、

無理に与える必要は無いかと、私は思います。

 

またたびの代用品

「またたびが嫌い!」

と、猫に訴えられてしまっては、

それ以上、猫にまたたびを与えるのは、躊躇う事でしょう。

 

しかし、

「猫がまたたびに反応し、

悩まし気にしている姿を見たい!」

と、望む飼い主さんもおられる事でしょう。

 

そんな飼い主さんに朗報です。

 

スーパー等でも売られている

キウイフルーツが、またたびに似た効果を得られる様です。

 

理由は、キウイフルーツが、

木天蓼科(木天蓼とは、またたびの別名)の植物であるからだそうです。

 

しかしキウイフルーツの実より、

切り口や枝の方が、強く反応を示すそうです。

 

また、またたびには反応するものの、

キウイフルーツには反応しない猫もいる様です。

 

「またたびに反応する姿が見たい!」

という飼い主さんは、

一度、試してみる価値はありそうです。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ