無理なダイエットで猫が栄養失調に!?正しい減量のペースとは



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「猫のダイエットは、餌の量を減らせばいい」と簡単に考えてはいませんか?

 

実は、安易な食事制限は栄養バランスを崩し、

猫を栄養失調に陥らせることがあるのです。

 

今回の記事では、

ダイエットによる猫の栄養失調と、

適正な減量ペースについて解説していきます。

スポンサーリンク

 

間違ったダイエットで猫が栄養失調に!?

猫のダイエットというと、基本的には餌の量を減らすことを指しますよね。

 

しかし、この方法には大きな落とし穴があり、

場合によっては猫に栄養失調を引き起こす危険性があるのです。

 

まずは、ダイエットによる猫の栄養失調について解説していきます。

 

安易な食事制限は禁物

確かに、猫のダイエットは食事量を減らすことを中心に行います。

 

しかし、単純に餌の量だけを減らしてしまうと、

摂取カロリーのみならず、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素まで

不足してしまうことが多いのです。

 

ダイエット中も普通のフードを猫に与えたい場合には、

カロリーだけでなく、

栄養素についてもよく検討する必要があると言えるでしょう。

 

猫の栄養失調の5つのサイン

では、猫が栄養失調に陥ったとき、

実際にはどういった症状が見られるのでしょうか?

 

代表的な5つのサインを挙げていきます。

  • 抜け毛が増える
  • 毛づやが悪くなる
  • 体のむくみ
  • 皮膚病
  • 結膜炎

ダイエット中の猫にこれらの症状が見られたら、

早急に病院に連れて行くようにしてください。

 

スポンサーリンク

猫のダイエット、適正ペースは?

猫の健康を守りつつダイエットを行うには、早すぎず遅すぎず、

正しいペースで進めることが大切です。

 

ここでは、猫のダイエットにおける

適正なペースについて説明していきます。

 

猫の1kgは人間の10kgにも相当する

猫のダイエットを始めてみると、

思ったより体重が減るペースが遅いと感じることがあるかもしれません。

 

しかし、人間よりもはるかに体重の軽い猫が1kg痩せることは、

人間が10kg痩せるのと同じくらい大変だと言われているのです。

 

1週間で体重の約1%、1か月で2~6%の減量が理想的

では、具体的にはどんなペースでのダイエットが望ましいのでしょうか?

 

調べたところによると、猫のダイエットは

1週間に体重の約1%、1か月で2~6%の減量

が理想的だとされているようです。

 

たとえば、現在6kgの猫がダイエットをする場合、

1週間で60g程度、1か月で120~360gのペースで

体重を減らしていくのがよいということになります。

 

栄養もしっかり摂れる!おすすめ猫用ダイエットフード

一筋縄ではいかないと分かった、猫のダイエット。

 

栄養失調にならないよう配慮しつつ、適正な減量のペースも守るとなると、

素人には計算が難しいこともありますよね。

 

そんなときは、

市販の猫用ダイエットフードを与えてみるのも一つの手です。

 

最後に、3つのおすすめダイエットフードを紹介していきます。

 

1.サイエンスダイエット インドアキャット アダルト チキン

猫用ダイエットフードの定番と言えばコレ。

 

室内飼いの成猫に最適な栄養素を備え、

うまみ成分配合で食いつきにも定評があります。

 

2.ピュリナ ワン キャット 避妊・去勢した猫の体重ケア

去勢・避妊手術後の猫の肥満に特化したダイエットフード。

低カロリーながら高たんぱくの栄養設計で、猫の健康を損ないません。

 

子猫からシニアまで、すべての年齢の猫に。

 

3.プリスクリプション・ダイエット 療法食

脂肪の代謝を助けるL-カルニチン配合で、

健康的なダイエットをサポートします。

 

リバウンド防止効果があり、愛用者からの評価もピカイチ。

 

 

 

やり方を間違うと栄養失調を引き起こすこともある、猫のダイエット。

急いで結果を出そうとせず、猫の体ともよく相談しながら、

根気よく続けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ