猫のノミがついた衣服どうすればいい?洗い方から捨て方まで


猫のノミがついた衣服どうすればいい?洗い方から捨て方まで

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

野良猫を抱っこしたらノミがいた!

服についたかもしれない、そう思っただけで体がモゾモゾしてきませんか?

 

もし服にノミがついてしまったら

どのように対処すればいいのか悩みますよね。

 

今回は、ノミがついた衣服の洗い方から

処分の仕方までお話しをしていきます。

スポンサーリンク

 

猫のノミは衣服にもつくの?

そもそも猫のノミは私たちの服につくものなのでしょうか?

答えはYESです。

なぜつくかということを、ノミの生活や、食べているものからお話しします。

ノミは、条件さえ整えば、屋外でも屋内でも繁殖を繰り返しています。

 

屋外の場合は、直射日光が当たらない草むらや縁の下などです。

ノミは、温度が13~15度、湿度が50%以上で繁殖しますので、

温かい室内はもってこいのところといえます。

 

部屋の隅っこや絨毯、ソファーやベッドなどは、ノミにとって最高の居場所ですね。

ノミは快適に過ごせるところであればどこにでもいるといえます。

 

衣服もノミにとっては、快適な場所といえますね!

 

また、ノミは卵から幼虫、サナギ、そして成虫へと変態をする昆虫ですが、

血液が大好物なのは成虫で、幼虫成虫の糞人のフケ

また食べ物のかすなどを食べて成長しています。

 

衣服で過ごす成虫は人間の血を吸って生きていますが、

その糞を幼虫が食べ、もし衣服に食べ物のかすやフケなどがついていれば、

幼虫にとっても快適な住処となるわけです。

 

 

では、運悪くノミが服についてしまったらどのように対処すればいいのでしょうか?

洗い方から処分の仕方までをお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

衣服についたノミの駆除方法

まだ処分したくない服でしたら、何とかノミをとりたいと思いますよね。

洗ったり乾燥させたりすることでノミをとることができます。

 

洗って駆除する

おすすめの洗い方は、中性洗剤を入れた器(バケツや洗面器など)に、

60度以上に沸かしたお湯を入れて、衣服をその中に10分以上つける方法です。

 

それでノミは死滅します。その後はしっかりとすすいでください。

この手洗いは、ほかの衣類への影響もなく、てっとり早くて安全な方法です。

 

洗濯機を使いたい場合は、密封できるきめの細かい布の袋に衣服を入れて、

中性洗剤を入れて、3,40分ほどかければ駆除できます。

 

洗いとすすぎが終わっても、袋の中にはノミの死骸が残っています。

手作業になりますが、きれいにすすいでくださいね。

 

洗濯機を使う場合は、洗濯槽の中にノミが落ちないように充分気を付けましょう。

 

 

どちらの場合も洗った後は干して、

乾いたら粘着テープコロコロなどを使って裏表ともさらにきれいにしましょう。

 

乾燥させて駆除する

乾燥機でノミを駆除することもできます。

洗濯機と同じでそのままいれると

ノミが飛び散って後の始末が大変ですので、

に入れて乾燥機にかけてください。

 

50度以上30分以上かければ、衣類についたノミや卵は全滅します。

 

乾いたら掃除機で吸い取るなどして衣類から死骸を取り除いてください。

そして最後にコロコロなどを使ってきれにしましょう。

 

 

また、布団を干すように服を干す方法もあります。

天気の良い日の10時から14時ごろまでの間に、

服の裏表とも干してください。

黒いビニールをかけると熱を吸収しますので効果が上がります。

 

このように、洗っても乾燥させても、衣服に残ったノミの始末は必要になります。

くれぐれもほかのものにつかないように気を付けてください。

 

衣服を処分するには

ノミがついてしまった衣類を処分するときの方法をお話しします。

いくら捨てるからといってもほかのごみ類に

ノミが移ってしまうと大量発生の原因になります。

 

捨てるときには衣服をごみ袋(ビニール袋)に入れて、

袋の中にノミ駆除用の殺虫剤(スプレーやパウダー)をかけてください。

 

薬品が袋の外に出ないように

入口を絞って袋の中に向けてかけてくださいね。

 

屋外で行った方が安全です。

かけ終わりましたら袋をしっかり密封してから捨てましょう。

 

ノミはビニールを噛みきって外に出ることはありません。

これでほかのごみも安心です。

 

 

衣服にノミがついてしまったときの対処方法をお話してきましたが、

ノミは容赦なく人間を刺しますので、

何となくおかしいと思ったら、早めに衣類の対処をしましょう。

 

服にノミがいるということは、猫や室内にもいる可能性が高いです。

日頃から猫のノミ対処や室内の掃除などにも注意を払ってください。

 

ノミは、ペットを飼っていなくても、

人間の服にくっついて外から持ち込むことがあるということを念頭において、

庭仕事をしたときなど家に入る前に衣類をはたくなどして、

家にノミを持ち込まないように心がけることが大切です。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ