【もう猫が吐く事も大丈夫!】上手なお掃除の仕方ベスト3



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「フローリング」「畳」等、

猫が吐いてしまった後、

シミとして残ってしまうケースは決して少なくありません。

 

一生懸命、掃除をしたところで、

シミが消えない事も多々あります。

 

そこで今回は、

吐いた後にすべき掃除法をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

猫がフローリングに嘔吐してしまった場合

フローリングに嘔吐をした場合、

直ぐに拭き取る事が出来れば、シミになる確率は極めて低いです。

 

しかし「仕事」や「学業」等で、

飼い主さんが留守にしている事が多いと、吐しゃ物に対し、

  • 気付かない
  • 長時間放置されている 等、

悪条件が重なり、

結果、乾燥し、シミになってしまう事があります。

 

この様な場合、

2倍に薄めた「酢」で拭き取る事をオススメします。

 

酢で拭く事により、

乾いた時、床はサラサラとします。

 

更に、酢には殺菌効果がある為、

吐しゃ物に含まれている菌を倒す働きもあります。

 

また、洗剤ではない為、

万が一舐めてしまった場合でも、

然程、悪影響がない事も利点の1つです。

 

スポンサーリンク

猫が畳に嘔吐をしてしまった場合

畳の上で吐かれてしまった場合、

  • 隙間に吐しゃ物が入ってしまった
  • 綺麗に拭けたと思っていても、後日シミになっていた 等、

汚れが目に見えて残ってしまうケースが大半を占めます。

 

この様な時は、以下の様な手順でお掃除をしてみては如何でしょうか。

 

  1. ボロ布 等で掴める範囲の吐しゃ物を片付けましょう。
  2. 小麦粉 等の粉物を、吐しゃ物があった場所にかけて下さい。
    これにより、粉が余分な水分を吸収してくれます。
  3. 「ブラシ」「箒」等で粉を片付けます。
  4. 2倍に薄めた「酢」で濯いだ雑巾で拭き取ります。

 

【補足】

落ちにくいと感じた時は、

手順3の次に洗剤で拭く事をオススメします。

 

猫の吐しゃ物の匂いを消す方法

シミは無いけれど、

匂いいが残っているケースはありませんか。

 

この様な場合、重曹を使うと、匂いが緩和されます。

 

吐しゃ物に含まれている胃酸は、「酸性」です。

一方、重曹は「アルカリ性」である為、

この2つが出会う事により、中和され、匂いが緩和されます。

 

 

また、重曹を使う際には、

粉の状態のまま使うより、

ぬるま湯に溶かして使う方が、使い勝手が良いです。

 

スプレーボトル等に入れておき、

掃除の際に、

直ぐ使える様にしておくのも良いのではないでしょうか。

 

重曹は、ちょっとした汚れにも役立つ為、

猫の吐しゃ物の掃除だけでなく、

日頃の家事の中でも使って頂く事が可能となります。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ