【パーマのような毛を持つ賢い猫】ジャーマンレックスの性格と特徴


【パーマの毛を持つ賢い猫】ジャーマンレックスの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ジャーマンレックスの性格と特徴について

説明します。

 

スポンサーリンク

ジャーマンレックスの由来

1900年代のドイツにおいて発見された猫がはじまりとされています。

かなり歴史の古い品種の猫です。

 

当時、第二次世界大戦の影響で荒れ果てていた

病院の医師によって発見されました。

 

ジャーマンレックスの特徴でもある

縮れた巻毛を気に入ったのです。

 

この医師が、近親で交配を行ない、

ジャーマンレックスの元になる猫が誕生します。

 

最初に発見された猫は、たくさんの子孫を残しています。

その子孫たちは、アメリカに渡り、改良と繁殖が続けられ、

ジャーマンレックスの基礎ができあがっていったのです。

 

コーニッシュレックスという品種の猫とかなり類似しているので、

ジャーマンレックスという品種として認められることは、ほとんどありません。

スポンサーリンク

ジャーマンレックスの特徴と性格

ジャーマンレックスの最大の特徴は、

パーマのように縮れた毛です。

 

こういった毛を持つ猫の品種の中では、

ジャーマンレックスが最古と言われています。

 

目も耳も大きく、耳は左右に大きく広がっています。

小さな物音も聞き分けられるくらいの聴力も兼ね備えています。

 

平均体重は、オスでも5キロ強、メスだと4キロ前後くらいなので、

一般的な猫の体重と比較するとやや軽めです。

 

また、寿命についても一般的な猫の寿命よりも短めで

10代前半くらいとされています。

 

性格としては、人懐っこくて、なおかつ賢いので、

社交的で明るいです。

 

動き回ることが大好きで、体を動かして過ごすことが多いです。

運動不足になると、太りやすいという体質も持っています。

 

ジャーマンレックスを飼う際の注意点

人懐っこい面もあるのですが、

時には人に合わせて無理をしてしまう性格も懸念されています。

 

要求に何でも応えようとする忠誠心が強いので、

あまり要求はせずにのびのびと過ごさせてあげてください。

 

他国では、芸を仕込む人もいるほどですが、

賢いが故に無理をしてしまうので、あまりオススメはできません。

 

 

毛が縮れているのですが、ブラッシングは必要です。

1週間に1回を目安にブラシでといてあげましょう。

 

ひげもカールしていることもありますが、

こちらは何も手入れをしなくて大丈夫です。

 

知性が高いので、人に危害を加えることもありません。

多頭飼いにも向いている品種になっています。

小さな子供や赤ちゃんと触れ合いを持たせても、心配無用です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ