猫のネズミのおもちゃを与えると良い理由と手作りする方法!!


猫のネズミのおもちゃを与えると良い理由と手作りする方法!!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫のおもちゃと言えば、やっぱりネズミ型ですね。

 

初めて猫ちゃんを飼う場合、

やっぱりおもちゃはネズミ型が良いのでしょうか?

 

今回はネズミ型のおもちゃを与えると良い理由と、

ネズミ型のおもちゃを手作りする方法について、説明します。

スポンサーリンク

 

猫を飼ったらおもちゃはやっぱりネズミがいいのでしょうか

初めて猫ちゃんを飼う時には、何もかも分からないことだらけだと思います。

もちろんおもちゃも用意してあげたいですよね。

 

体力の増進や狩猟行動の練習、

環境への慣れなど、色々な目的で遊びは必要です。

 

仔猫の場合は、何でもおもちゃになるので、

これを与えたらいいという決まりはありません

 

離乳期の終わり7~8週齢ごろから獲物を獲るような遊びが増えるので、

ネズミや鳥などのおもちゃを用意してあげるといいですね。

 

 

しかし猫ちゃんにも好みがあって、

絶対それで遊んでくれるかといえばそうではありません。

 

遊ぶ時間が長すぎてもストレスの原因になったりしますので、

10~20分くらいで猫ちゃんが鼻で呼吸するようになったら切り上げましょう。

誤飲にも気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

ネズミ型のおもちゃがすぐにぼろぼろになる…

ネズミのおもちゃだけに限らず、

猫ちゃんのおもちゃがすぐにボロボロになってしまって

困っている飼い主さんも居るのではないのでしょうか?

 

最近は100円ショップにもいろんなおもちゃが売られています。

ですが、いつもいつも買い与えるっていうのも・・・お財布にも限界があります。

 

そんな時は、猫ちゃんのおもちゃを手作りするっていうのはどうでしょうか?

 

そうすればお金も掛かりませんし、ボロボロになってもすぐ用意してあげられます。

自分で作れば、素材も安心なものを選ぶことができます。

 

せっかく買ってきたおもちゃで遊ばない…という残念なこともよくありますが、

手作りなら猫ちゃんが遊んでくれるおもちゃをいろいろ試すことができますよね。

 

猫がおもちゃのネズミをたべてしまった!?どうしたらいい?

「猫ちゃんがおもちゃのネズミを食べてしまった!」ってことは、結構よく聞くお話です。

猫ちゃんなどが食べ物以外のものを食べるのを異嗜と言います。

 

おもちゃだけでなく、ゴムナイロン袋を食べちゃう猫ちゃんもいるようです。

 

異嗜した時は、動物病院に連れて行ってあげるのがいいのですが、

慣れない病院がストレスになる場合もあります。

 

まずは冷静になって、猫ちゃんの様子をしっかり見ておきましょう。

ぐったりしている、ご飯を食べないなど、

明らかに様子がおかしい場合は、もちろんすぐに動物病院へ。

 

特に何も変化がない場合は、排泄物をよく観察しておくようにしましょう。

通常2~3日で出てくる可能性が高いです。出てこない時も念のため病院へ。

 

飼い猫に作ってあげよう!ネズミ型おもちゃの作り方

簡単に作れるおもちゃはたくさんあります。

ここでひとつ…簡単に作れるネズミの形のおもちゃをご紹介したいと思います。

 

【用意するもの】

  • 軍手
  • ひも(本革が一番反応しますが、食べちゃう可能性が高いので綿のひも)
  • 猫ちゃんの抜け毛
  • お裁縫道具

 

【作り方】

  1. ひもの両端をそれぞれ結んでおきます。
    (猫ちゃんが遊んでいるときに本体から抜けないようにするためと、ボロボロにならないようにするため。)
  2. 軍手の指の部分を切り取ります。
  3. 切り口にケバケバが出るので、出来るだけ取り、猫ちゃんの毛を詰めてから、グルッとなみ縫いする。
  4. ひもを挟み込んでなみ縫いをぎゅっと引っ張って閉じる。
  5. 抜けないように数回、ひもを閉じ付けて、完成です。

 

意外と簡単にネズミ型のおもちゃが作れますので、

ぜひ、挑戦してくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ