猫が甘えるのは病気のサイン!?気付いてあげたい5つの兆候



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「いつもはクールな猫が、今日はやけに甘えてくるなあ」

と感じたことはありませんか?

 

実は、猫がいつもより懐いてくるとき、

その体には何らかのトラブルが起こっている可能性があるのです。

 

ここでは、猫が病気の際に甘えてくる意外な理由を解説するとともに、

見逃しがちな猫の不調のサインについても紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫が甘えてくるのは病気のサイン!?

猫が甘えてくる姿はかわいいもの。

 

しかし、ときにはただ甘えているだけでなく、

体の不調を訴えている場合があると知っていますか?

 

まずは、その理由について解説していきます。

 

病気の猫が甘えるのは、飼い主を信頼している証拠

今よりずっと前、猫の放し飼いが当然だった頃には、

猫は死ぬ前に姿を消す」と言われたものでした。

 

それは、当時の猫には家よりも安全な隠れ家があり、

具合が悪いときにはそこで過ごしていたからだと考えられます。

 

一方で、現代の猫は室内飼いである場合が多く、

家よりも安全な場所を知ることはありません。

 

そこで、家の中で最も信頼できる存在である、

飼い主に対して甘えることで体の異常を訴え

助けてほしいと伝えているとされているのです。

 

猫のゴロゴロ音には治癒効果がある

また、猫が発するゴロゴロという音には、

エンドルフィンなどの神経伝達物質を分泌させ、

体の回復を早める効果があると言われています。

 

つまり、猫が甘えて喉を鳴らしていると思っていたら、

実は病気と闘っていた……ということもあり得るわけですね。

 

スポンサーリンク

やけに甘える猫、もしかして「てんかん」かも

猫が変に甘えてくる原因の一つに、

てんかんという病気があります。

 

ここでは、てんかんの前駆症状としての

「甘える」という行為について説明していきます。

 

猫もてんかんになる

人間の場合と同様に、猫もてんかんを発症することがあります。

 

てんかんと聞くと、激しいけいれんやひきつけを

思い浮かべるかもしれませんが、

軽度では体の一部が震えるに留まるなど、

意外に気付きにくいケースも。

 

てんかんの「前駆症状」って?

ある病気の前兆として現れる症状を、

前駆症状(ぜんくしょうじょう)と呼びます。

 

猫のてんかんの前駆症状には

水をたくさん飲む、そわそわするといったものがありますが、

その中には妙に甘えてくるという行動も含まれているのです。

 

時折やけに甘えてくる猫の、

その後の様子に気になる部分があれば、

かかりつけの動物病院に相談してみてはいかがでしょうか。

 

見逃さないで!猫の体調不良を表す5つのサイン

言葉を話せない猫の不調を察知するには、

何気ない仕草の変化を見逃さないことが大切です。

 

最後に、猫が体調不良の際に見せる、

5つのサインについて紹介していきます。

 

「いつもと違う」は異常のシグナル

気まぐれな性格だと言われる猫ですが、

その行動はいたって習慣的です。

 

そのため、猫がいつもと違う行動をしていたら、

それ自体が異常の表れだとも言えるのです。

 

具体的な例としては、

  1. やけに甘えてくる
  2. そわそわと落ち着きがない
  3. いつもより動きが鈍い
  4. 食欲がない
  5. あくびが多い

といったものが挙げられます。

 

見過ごしがちなこれらのサインですが、

実は重篤な病気・ケガの症状である可能性も。

 

いち早い治療を受けさせるためにも、

猫にとって一番身近な存在である、

飼い主が異変に気付いてあげることが重要です。

 

 

猫がいつもより甘えてくるのは、

何らかの不調を訴えるサインかもしれません。

猫の健康を守るためにも、日ごろからその様子をよく把握し、

小さな変化も見逃さないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ