【ヒョウのような猫】カリフォルニアスパングルドの性格と特徴


【ヒョウのような猫】カリフォルニアスパングルドの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、カルフォルニアスパングルドの性格と特徴について

説明します。

 

スポンサーリンク

カリフォルニアスパングルドの由来

カリフォルニアスパングルドが生まれるきっかけとなった出来事は、

1971年のタンザニアで起こりました。

 

ハリウッドの脚本家であるポールアーノルド・ケイシー・ジュニア氏が、

現地でヤマネコが毛皮のために密猟され、

個体数を減らしていることにショックを受け、

なんとかしようと思い立ったのです。

 

彼は、人々にヤマネコへの親しみを持たせることで、

毛皮の需要を減らすことが出来るのではないかと考えました。

 

そこで、ヤマネコに似た斑点模様を持つ猫を生み出し、

ペットとして普及させることを決意したのです。

 

 

その後、様々なイエネコを交配させていく中で、

彼はついにヒョウのような斑点を持つ猫の作出に成功。

 

こうして1986年に世間に送り出されたカリフォルニアスパングルドは、

現在では国際的に認められた品種となっています。

スポンサーリンク

カリフォルニアスパングルドの特徴

カリフォルニアスパングルド最大の特徴は、

その小さなヒョウのような見た目にあります。

 

見事な斑点模様を持つ毛並みは人々を魅了し、

見ているとうっとりとしてしまいそうなほど。

 

ぴょんぴょんと飛び跳ねるのが好きな個体も多く、

その元気な姿にパワーを貰えそうですよね。

 

 

カリフォルニアスパングルドの平均体重は4kg~8kgと、

一般的な猫と同じ環境で飼うことが可能です。

 

カルフォルニアスパングルドの性格

イエネコを祖先とするカリフォルニアスパングルドの性格は、

とても人懐っこくて社交的。

 

ワイルドな外見でありながら、野生の猫の血を引いていないため、

非常に飼いやすい品種だと言えるでしょう。

 

好奇心旺盛で飼い主に愛情深く、

ときには肩乗り猫になることもあるんだとか。

 

カリフォルニアスパングルドを飼う際の注意点

ヒョウのような珍しい毛並みを持つカリフォルニアスパングルドですが、

被毛のお手入れはいたって簡単。

週に1~2回のブラッシングを行うだけで十分です。

 

また、短毛種のカリフォルニアスパングルドは、

体の不調が被毛に表れやすい傾向にあります。

毎日きちんと観察し、異常がないか確認するようにしてください。

 

 

カリフォルニアスパングルドは運動能力に優れ、

高いところに飛び乗ることを好みます。

キャットタワーなどを用意して、上下運動が出来るようにしてあげましょう。

 

自由に遊びまわることが出来る環境で飼うことで、

運動不足を防ぎ、ストレスを発散させることが可能になります。

 

筋肉質な体つきをしているため、見た目よりも体重があります。

設置する遊具にはしっかりとした作りのものを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ