【ストレスで吐くって本当?】飼い主が猫にしてあげられる事



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

ストレスは、

猫にとって、病気にかかる大きな要因です。

 

可愛い飼い猫を病気から守るには、

飼い主さんの観察力が必要不可欠です。

 

今回は、猫がストレスにより吐いてしまわないよう、

ストレスについての知識を一緒にお勉強していきましょう。

スポンサーリンク

 

猫のストレスについて

人間同様、

猫はストレスを感じる生き物です。

 

しかし、人間の様に、ストレスを発散する事は苦手です。

 

特に、飼い猫においては、

活動範囲に制限がかけられている為、

より、ストレス発散を苦手としている傾向にあります。

 

場合によっては、

「部屋の模様替え」でストレスを感じてしまう猫もいます。

 

猫は自由奔放に見えて、

行動に統一感があります。

 

  • 所定の位置で寝る
  • 決まった時間に食事をとる
  • 飼い主さんが帰ってきたら遊んで欲しい 等、

猫は猫なりに、生活にルーティンがあります。

 

それを乱され、

ストレスとなり、

吐いてしまう猫もいます。

 

胃炎

ストレス性胃炎

と、いう言葉を聞いた事があるでしょうか。

 

名前の通り、

ストレスによる胃炎(※1)です。

 

胃炎と聞くと、

多くの飼い主さんから、

「認めたくない。」もしくは「飼い方が悪かったんだ。」と、

飼い猫との今までの関係を悪く振り返ってしまう事が多いです。

 

しかし、

病気を発見してから考えてあげるべきは、

飼い猫にとっての快適な生活です。

 

飼い猫をどうしてあげれば、

ストレスが緩和されるか知っているのは、

他ならぬ飼い主さんです。

 

病気を治す第一歩は、

前向きな考え方であると、私は考えています。

 

解説

(※1)胃炎(いえん)とは

別名、神経性胃炎とも言います。

検査において、何ら問題が無いにも関わらず、胃や腸に違和感や痛みが生じます。

心と体は密接に関係しており、その中で最も影響を受け易いの臓器が「胃腸」です。

吐き気の他には、「食欲不振」「眠れない」等があります。

 

脱毛症

ストレスにより毛が抜けるのは、

決して人間だけではありません。

 

猫にも起こる事です。

 

但し、猫の場合は、

勝手に毛が受けるというよりは、

舐め過ぎにより毛が抜ける事の方が多いです。

 

猫はストレスを感じ過ぎると、

毛が抜け、血が出るまで舐めてしまいます。

 

この様な場合には、

エリザベスカラー(※2)を付ける他ありません。

 

更に、

生活環境の改善が求められる事が課題に上がります。

 

猫の行動を観察し、

どの様なタイミングでストレスを感じているのか、

素早く、適格に判断する事が大切です。

 

解説

(※2)エリザベスカラーとは

主に犬・猫が、手術を終えた後に傷口を舐めない様に付けておく為の首巻の様な物です。

名前の由来は、イングランドの女王・エリザベス一世の襟元部分に似ている事から付けら

れたと言われています。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ