【ドライフードは吐くものなの?】猫の嘔吐事情


【ドライフードは吐くものなの?】猫の嘔吐事情

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

ドライフードを吐いた場合、

心配無用の事が多いです。

 

かと言って、

無視をする事は良くありません。

 

そのフードを連続して吐いている場合や、

嘔吐して以来、元気が無い場合等、

決して放置してはいけません。

 

今回は、猫がドライフードを吐く理由をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

その猫の性格を知る

猫と一緒に暮らしている方なら、

お分かり頂けるだろうが、

猫にも個性があり、性格があります。

 

猫図鑑 等、

猫について書かれている資料を目にすると、

その猫の種類毎に性格が書かれているが、

それ以外にも、性格は各々、違います。

 

例えば、

日本で一番多く飼われていると言われている

アメリカンショートヘア(以下「アメショ」と記載)でお話しをします。

 

アメショの基本的な性格は、

「陽気」「賢い」「冒険家」と言われています。

 

しかし、

先祖が草原で暮らしていた為、

高い所があまり得意ではありません。

 

その為か、

着地に失敗し、怪我をするアメショは少なくありません。

 

賢いと言われている割りには、

冒険家の血が騒いでしまい、

結果、やんちゃな性格と判断される事が多いです。

 

しかし、

アメショの基本的な性格において

「やんちゃ」という言葉を聞いた事はありません。

 

少々、話が逸れてしまいましたが、

要するに、飼い猫の性格をよく知り、

それに合わせた食事の提供を心掛ける事が大切

と、いう事です。

 

「食いしん坊な猫」「遊び好きな猫」には、

一度に与える食事量を減らし、

1日、3~4回に分けて与えたり、

 

「おっとりした猫」には、

飼育本通り、

既定の食事量を、

1日、2回与えると良いでしょう。

 

この様にするだけで、

嘔吐は防止できる事が多いです。

 

スポンサーリンク

吐き過ぎは難あり

猫は吐き易い生き物である事は、

嘔吐についての記事でご紹介してきましたが、

やはり、吐き過ぎについては、考えて頂きたいものです。

 

危険信号の目安としては、

  • 1日3回以上の嘔吐
  • 2日以上、嘔吐が続く

上記2点です。

 

この場合、

体を患っている可能性が大いに考えられます。

 

代表的な病気では、

上記2点です。(病名横のURLに詳しい症状等を記載しています。)

 

また、

ドライフードが「そのままの形」または「欠片」の状態で吐き出された場合、

ドライフードは消化されずに出てきたという事です。

 

その為、

胃や腸に問題を抱えている可能性が多いに考えられます。

 

これらに問題があると考えられた場合、

動物病院への受診をオススメします。

 

検査の際には、

  • レントゲン
  • 血液検査
  • エコー 等、

高額医療を受ける事が多くなる為、

お財布には、いつもより多めの現金、または、

クレジットカードを入れておく事をお忘れなく。

 

ドライフードが合わない

お気に入りのメーカーがある場合、

数か月~数年、または 一生メーカーを変更しない飼い主さんがいます。

 

猫の飼い方は、

その猫によって異なります。

 

一般的には、

メーカーは数か月に1度、交換する事を推奨されていますが、

メーカーを変更した為に、嘔吐してしまう猫は少なくありません。

 

この場合、

そのメーカーのドライフードが

飼い猫に合っていなかったと考えられています。

 

例えば、アレルギーを抱えた猫の場合、

アレルギー反応を起こす食品が含まれたドライフードを食べてしまい、

吐いてしまう事もあります。

 

また、

「防腐剤」「添加物」に反応し、

吐いてしまう猫もいます。

 

この様な場合、

「たまに吐くけど、勿体ないから食べてもらおう。」

と、考えるのではなく、

ただちにメーカーを切り替えて下さい。

 

猫が悲鳴を上げる前に止める事が適切な処置です。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ