【ワイルドだけど穏やかな猫】チートーの性格と特徴


【ワイルドだけど穏やかな猫】チートーの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、チートーの性格と特徴について

説明します。

 

スポンサーリンク

 チートーの由来

チートーは、オシキャットベンガルのハイブリッドになっています。

 

他の品種には見られないワイルドな感じと穏やかさの

両方の性格を兼ね備えている品種を作ろうという動きが

最初のはじまりでした。

 

野生的な要素は持ちつつも、

野生種の血統は取り入れていません。

 

穏やかさを残すためには、

野生種の血は混ぜないという動きがあったからです。

 

穏やかな性格ではありますが、見た目はかなりワイルドです。

繁殖が進められ、最初に子猫が生まれたのは、2003年です。

 

チートーという名前の由来は、

見た目がまるでチーターのようであるからです。

 

他の品種と比べると、体も大きめではあります。

メスは、オスよりもひと回り小さいサイズとなっています。

 

スポンサーリンク

チートーの特徴と性格

チートーの平均体重は7~10キロくらいです。

 

短毛種なのですが、

その中でもかなり毛足が短く、密に生えているのが特徴です。

毛並みはとても柔らかく、フワフワとしています。

 

全体的にはゴールド系で、

斑点は黒もしくはブラウン系の色になっています。

 

野生のヤマネコと非常によく似ているのですが、

肩を低くして忍び足で標的に近づいていくのも特徴的です。

 

まるでハンターかのようで、非常にエネルギッシュです。

野生の素養は備えているものの、野生の血が混ざっていないので、

性格は穏やかだと言われています。

 

運動能力が高く、パワーもあります。

耳も大きく、目はアーモンド形です。

 

足が長いため、見た目も大きく、背も高いです。

見た目と性格には、かなりギャップがあります。

 

チートーを飼う際の注意点

見た目は、強そうでワイルドではありますが、

人懐っこく危険なことは一切ありません。

 

社交的な性格なので、子供や他の猫と遊ばせても問題はないでしょう。

人の膝の上に座って甘えるのも好きなので、

思いっきり甘えさせてあげる時間を作ってあげてください。

 

愛情深い性格であるが故、傷付きやすい面もあるので、

構い過ぎず、構わなさすぎず、

適度な距離で過ごせれば、ストレスを与えないで済みます。

 

また、エネルギーに満ち溢れているので、

遊び場スペースは、十分に確保しておくことが必要です。

 

毛がふわふわで柔らかいのですが、

短毛種なので、ブラッシングは1週間に1回程度で大丈夫です。

 

毛玉になりやすい毛質ではあるものの、それほどまでに長くはないので、

よく解してあげれば、毛玉になることもないでしょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ