猫が茶色い液体を吐く際に考えられる原因3選


猫が茶色い液体を吐く際に考えられる原因3選

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

茶色の液体を吐いた時、

飼い主の皆さんは、不安を覚えるかと思います。

 

しかし、正しい知識をきちんと備えていれば、

突然の事態に慌てる事はありません。

 

今回は、猫が茶色い液体を吐く理由と対処法をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

嘔吐物が「消化」「未消化」

嘔吐物を発見した時、

まずは「消化」「未消化」、

どちらであるか確認して下さい。

 

未消化の場合、

どの程度、消化されているかを確認して下さい。

 

ほぼ未消化の場合

早食いによる嘔吐の為、

一度に与える餌の量を減らし、

与える回数を増やす事で

改善がみられます。

 

半分以下が未消化の場合

前文同様、早食いが原因による嘔吐、または、

消化されたキャットフードの色味により、

茶色く見えている可能性が高いです。

この場合も、食事調整をすると良いでしょう。

 

ほぼ消化されている場合

嘔吐物に「血」が含まれている可能性が出てきます。

 

特に、

吐いた液体が、

「コーヒー豆より濃い」または「黒・黒っぽい」場合、

潰瘍(かいよう)や腫瘍(しゅよう)がある可能性が極めて高いです。

獣医師の受診が必要と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

土を誤飲している

少数派ではありますが、

猫草を食べる際、

誤って、土を食べてしまう猫がいます。

 

これは、

「新芽の方が美味しいだろう。」

と、飼い主さんが気を利かせたが為に起こるケースが多いです。

 

新芽の場合、

草が短い為、草を食べる際、

一緒に土を飲み込んでしまっている事が多々あります。

 

この様な癖が付いている猫には、

「土を使わずに生やす猫草」は与えない様にしましょう。

 

この様なタイプは、

紙を使って草を育てている事が多く、

それを口にしてしまうと、腸で詰まり、

腸閉塞になってしまう事が稀にあります。

 

腸閉塞については、

下記URL内の「解説」を参考にして下さい。

http://猫といっしょ.com/archives/1750

 

土も一緒に食べてしまう猫には、

ある程度成長した猫草(10㎝以上)を与えると、良いでしょう。

 

胆汁(たんじゅう)

嘔吐物に、内容物等が一切無い場合、

「胆汁」という、肝臓内で作られた液体の可能性もあります。

 

胆汁は、黄色い物が多いのですが、

茶色い場合もあります。

 

色に関しては、

黄色い胆汁に対し、

「(胆汁が)少し濃い。」

と、感じる程度の茶色です。

 

茶色いからと言って、

体に特別な支障が出る事はほぼありません。

 

胆汁を吐く主な原因は「空腹」です。

 

選り好みをさせず、

きちんと食事を与える事で、

解決するケースが大半です。

 

また、繰り返し胆汁を吐いている場合、

病気の可能性があります。

 

胆汁に限らず、

繰り返される嘔吐は危険信号が灯火しています。

 

猫が繰り返し吐く場合は、

嘔吐物の色に限らず、動物病院へ連れて行く事をオススメします。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ