猫に重曹ドライシャンプーや重曹水拭きをおすすめしない理由


猫に重曹ドライシャンプーや重曹水拭きをおすすめしない理由

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

お風呂嫌いの猫に重曹のドライシャンプーが便利、

重曹水で体を拭いたら臭いや汚れが取れてふわふわになったなどと、

猫の臭いや汚れ落としに重曹が便利といわれています。

 

本当にそうなのでしょうか?

今回は重曹の成分や特徴を確かめながら、

重曹が及ぼす猫への影響についてお話しをしていきます。

 

スポンサーリンク

 

重曹ってどんなもの?

重曹と聞くと何を思い浮かべますか?

ふかふかのパンを想像するかもしれませんし、

靴の臭いのような汗くさい臭いを取ってくれるものをイメージするかもしれません。

それらの役割があることは確かですが、

なぜパンが膨らんだり、臭いが取れたりするのでしょうか?

 

重曹は、重炭酸ナトリウムとか重炭酸ソーダともいわれますが、

炭酸水素ナトリウムの別名です。

 

重曹の特徴は、水溶液は弱いアルカリ性で、水に溶けにくい性質があります。

また、加熱すると分解して炭酸ガスを発生します。

 

 

つまり、臭うものは酸性の性質がありますので、

弱アルカリ性の重曹と中和することで消臭効果があり、

ベーキングパウダーのような膨化剤として、

パンケーキやクッキーなどを焼くときに使われているということがわかります。

 

このように、重曹の使い道には精製によるレベルによって、

薬用食用工業用と分けられています。

 

薬用や食用は、人間が口にしても大丈夫ということを想定して精製されていますので、

先ほどのようなパンだけではなく、

胃酸過多などの制酸剤やバリウムの発泡剤のような医薬品にも使われています。

 

また体臭や靴箱の臭いなどの消臭効果のほかに、

焦げ付き汚れは、重曹の水に溶けにくい性質を利用して、

研磨作用で落とすことができます。

 

スポンサーリンク

猫の皮膚はデリケート

では重曹は、どのような汚れも落とせるものなのでしょうか?

どのようなものでもメリットとデメリットは背中合わせです。

 

もし畳やフローリングの汚れを重曹で落とそうとすると、しみになったり変色したりします。

木製の家具を、力を入れて拭いたら塗装が剥げてしまうということもあります。

素手で重曹を使って洗顔や体を洗っていたら肌荒れになってしまったという方もいます。

 

このように便利といわれている重曹でも、決して万能ではありません。

 

それは猫に使った場合にもいえることです。

 

シャンプーが嫌いな猫に、重曹を振りかけてブラッシングした後、

濡らしたタオルで拭いてあげれば、臭いや汚れが取れてふわふわになるかもしれません。

ですが、それは猫の皮膚にとってはどうなのでしょうか?

 

猫の皮膚はとても薄いのです。

人も猫も、皮膚は表皮と真皮と皮下組織の3つ層で構成されています。

外からの刺激を守っているのは表面にある表皮です。

 

その表皮は人間よりも薄いのです。赤ちゃんの表皮は成人の半分くらいの厚さですが、

猫はそれよりもさらに薄く、刺激に弱くてとてもデリケートなのです。

 

そのような猫に重曹を使った手入れを続けて大丈夫なのでしょうか?

 

猫に無理に重曹を使わない方がいい理由

水に溶けにくいところから研磨作用にすぐれている重曹ですので、

デリケートな猫の皮膚も傷がつく恐れがありますし、

人間でも肌荒れを起こすことがあるほどですので、猫にとってはなおさらです。

 

また、人が口に入れられるものですが炭酸水素ナトリウムです。

グルーミングで体をきれいにする習性の猫が、

重曹で拭かれた体を舐めれば、確実に塩分が体の中に入ります。

 

人間よりずっと体の小さい猫にとっては大きな打撃となることもあるでしょう。

 

そのような理由から、

重曹ドライシャンプーも、重曹水で体を拭くことも無理におすすめはできません。

 

重曹の良い面だけを見て愛猫に使い続けた場合、

果たしてどのようなことになるのかはわかりません。

 

長期間使い続けても全く問題がないという実証がない限り

無理には使わない方がいいといえます。

 

 

もし猫が臭うようなことがあれば、まずその臭いの原因を確かめましょう。

 

お尻のあたりが臭う、あるいは口臭がする、などと原因を突き止めた上で、

ぬるま湯で濡らしたガーゼなどで拭いてあげたり、

歯茎の炎症が考えられれば病院に連れて行ったりと、

猫の体にとって良い方法を考え、

時間をかけて対策してあげることをおすすめします。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ