嫌がる猫の爪切りはどう行う?試してほしい3つのコツ



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「うちの猫が爪切りを嫌がって……どうすればいいの?」

と悩んではいませんか?

 

今回の記事では、

爪切りを嫌がる猫に対して有効な3つのコツを紹介するとともに、

猫を爪切りに慣れさせる方法についても解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

嫌がる猫の爪を切る3つのコツ

爪切りと察するや逃げ出したり、噛み付いてきたり……。

激しく抵抗する猫も少なくありませんが、

飼い主としても爪切りをしないわけにはいきませんよね。

 

まずは、嫌がる猫の爪を上手に切る3つのコツを紹介していきます。

 

1.猫が熟睡しているときに切る

爪切りの際に暴れる猫に対しては、

寝ている隙に爪を切るという方法が効果的だと言われています。

 

十分に運動させて疲れさせ、ぐっすりと眠らせたら、

素早く爪切りをしていきましょう。

 

初めから一度で終わらせようとせず、

数回に分けて爪切りを行っていくのもコツです。

 

2.猫をバスタオルに包んで切る

思わぬ抵抗に遭わないよう、バスタオルを利用するのも一つの手。

猫の体をタオルで包み、一本ずつ足を出させて爪を切ります。

 

3.猫を洗濯ネットに入れて切る

爪切りにおける最終手段として有名なのが、

猫を洗濯ネットに入れてしまうという方法です。

 

猫の頭からお尻まですっぽりとネットに入れてしまい、

網目から爪だけを出させて切ることで、飼い主が噛み付かれたり、

引っかかれたりするリスクを最小限に抑えます。

 

このとき、洗濯ネットは網目の粗いものを選ぶとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

スムーズな爪切りにはスキンシップが重要!?

そもそも、どうして猫は爪切りを嫌がるのでしょうか?

ここでは、考えられる原因と

その対処法について解説していきます。

 

爪切り以前に、手足に触られるのがイヤ

爪切りに抵抗する猫の多くは、

爪切り以前に手足に触れられることさえ嫌がっています。

 

そのため、手足に触れられて暴れる猫を、

飼い主が押さえつけて爪切りをする形になるせいで、

猫はますます激しく抵抗するようになってしまうのです。

 

まずは猫の手足に触れられるようになろう

猫の爪切りをスムーズに行う第一歩として、

猫の手足に触れられるようになることから始めましょう。

 

普段からよくスキンシップを図り、

猫の手足に触れるたびにおやつを与えるなどして、

徐々に手足に触れられることに慣れさせていくのです。

 

すぐに結果が出なくても、地道にこれを繰り返すことで、

次第に爪切りの際の抵抗も和らいでいくはずですよ。

 

自力で出来なければ、プロにお願いする方法も

猫が嫌がるあまり爪切りが難航し、

猫の爪が伸びっぱなしになっているという場合には、

早めにプロに頼むことも考えましょう。

 

動物病院やトリミングサロン併設のペットショップ、

最近では猫カフェでも、

猫の爪切りをしてくれる場所は多くあります。

 

猫の爪切りをプロにお願いするメリットとしては

  • 猫との関係が悪化することを防げる
  • プロによる作業のため、猫の負担が最小限で済む
  • 失敗による出血などのリスクが低い

といったものが挙げられます。

 

ちなみに、大体の相場については

  • 病院……無料~1,000円
  • ペットショップ・猫カフェ……500円

となっているようです。

 

飼い主が自分で出来るのが一番だとはいえ、

難しいことも多い猫の爪切り。

 

これくらいの料金なら、

プロに任せるのも悪くないかもしれませんね。

 

 

多くの猫にとって、爪切りは嫌なこと。

洗濯ネットなどを活用してしっかりと爪切りを行うと同時に、

普段から猫の手足に触れられるよう、

スキンシップを図るようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ