マンションで猫をベランダに出しての飼い方


マンションで猫をベランダに出しての飼い方

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫ちゃんとマンション住まい。

でも、猫ちゃんにも外の空気を感じて欲しいと思われる方も多いと思います。

 

「でも飛び降りたりしないか心配。。」

そこで、ベランダを利用して猫ちゃんを安全に飼う方法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

マンションのベランダで猫を飼うことは可能でしょうか?

ペット飼育可能なマンション。

猫ちゃんにも外の空気に触れたいと思うので、ベランダに出そうかと考えているけれど、、、

しかし、脱走したり、落下しないか心配な方も多いと思います。

 

猫は用心深く、思考する動物ですので、色々考えてみて、

「無理だ、危険!」と感じたことは行動には移さない子がほとんどなので、

飛び降りて脱走というような事はめったに無いと思います。

 

ただ、階が低いと猫ちゃんは脱走する可能性があります

 

一説には、3階ぐらいの高さまでは、着地可能だと言われています。

自分にとって危ないことはしないであろう猫ちゃんでも、

ついうっかりが事故につながることもあるかもしれません。

 

たとえば、、、

  • ベランダに入ってきた虫に気を取られいつもは乗らないフェンスに飛び乗り足を滑らせたとか、、、
  • お隣のおうちから音が聞こえてびっくりして逃げようとして飛び降りてしまったとか、、、

そういうことを考えると、猫ちゃん一人でのベランダ滞在は決して安心できるものではありません

 

猫ちゃんをベランダに出すときは、飼い主さんも一緒が鉄則です

 

スポンサーリンク

室内だけじゃ退屈そう、猫がベランダと室内を行き来できるようにしたい!

上で述べたとおり、猫ちゃん一人でのベランダ滞在は、決して安全とは言えません

 

でも、どうしてもベランダに出たがるという猫ちゃんも多いと思います。

 

猫は、用心深いのですが、同時に物見高い動物ですので、

目に入る場所にはどうしても行ってみたいようです。

 

たとえ、猫ちゃんが飛び降りても着地可能な階であっても、

一緒に出られる方が良いでしょう。

 

例え、飛び降りないにしても、

隙間からベランダ伝いによそのお宅に行ってしまったりするかもしれないからです。

 

そうすると迷子やトラブルになりかねません。

自由に行き来させたいのであれば、

隣近所に行かないように、そして飛び降りたりしないように対策をするべきです。

 

対策無しで猫ちゃんをベランダに出されるときは、

飼い主さんも一緒であることが、鉄則と思ってください。

 

猫のベランダからの脱走や飛び降り防止はどんな方法がありますか?

大切な猫ちゃんが怪我したり、トラブルの原因になったりしないように、

安全にバルコニーで過ごせる方法を考えてみましょう。

 

ベランダ全体にネットを張る

鳥の進入防止用のネットをバルコニー全体に張り巡らせる方は意外と多いです。

鳥を入れないようにするネットなので、網目も細かく、それなりに丈夫です。

 

ただし、「マンションの外観を損なう」と反対されるかもしれません。

 

ベランダの一部に猫ちゃん専用のサンルームを作る

金属のネットラティスを使って、

ベランダの一部を室内と行き来できるサンルームを作るという方法もあります。

 

ラティスであれば、鳥進入防止ネットよりはおしゃれな感じなので、

外観を損なうことは無いと思います。

 

上記の方法であれば、

飼い主さんも猫ちゃんと一緒にベランダを共有することが出来ますし、

日光を遮ることも無いのでしょう。

 

ただ、施工する場合は、

猫ちゃんの抜け道などが出来ないようにしないといけないので、

DIYに自信の無い方は工務店等にお願いして施工して頂くことをお勧めします。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ