暴れる猫に効果アリ!?洗濯ネットを使った爪切りの方法


暴れる猫に効果アリ!洗濯ネットを使った爪切りの方法

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「うちの猫が爪切りを嫌がって大暴れ……どうしたらいいの?」

と困ってはいませんか?

 

実は、爪切りを嫌がる猫には洗濯ネットを活用するやり方が

効果的だと言われているのです。

 

今回は、洗濯ネットを利用した猫の爪切りについて

紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫の爪切り、なぜ必要?

そもそも、なぜ猫の爪を切る必要があるのでしょうか?

まずは、猫の爪切りの必要性について解説していきます。

 

室内飼いの猫は爪切り必須!

外に出ることがある猫の場合、

爪の先は地面に擦れて自然と丸くなるため、

基本的には爪切りの必要はありません。

 

一方で、完全に室内で飼われている猫の場合は、

爪とぎによって爪自体が短くなることはあっても、

先端は鋭く尖ったままになるため、

飼い主による爪切りが必要となってきます。

 

爪切りをしないとこんなデメリットも

猫の爪を切らずに放置していると、

尖った爪の先がカーペットなどに引っかかって怪我をしたり、

飼い主や同居の猫を傷つけてしまうリスクが高くなります。

 

また、伸びすぎた爪が肉球に刺さり、

時には出血してしまうことも。

 

こういった危険を予防するためにも、

猫の爪切りは定期的に行う必要があるのです。

 

スポンサーリンク

爪切りを嫌がる猫には洗濯ネットが有効

いざ爪切りをしようと思っても、

猫が大暴れして難しいことがあるかもしれません。

 

そんなときに試してほしいのが、

「猫を洗濯ネットに入れて爪切りをする」という方法です。

ここでは、具体的なやり方を紹介していきます。

 

洗濯ネットの選び方

猫の爪切りに使う洗濯ネットには、

  • 猫がすっぽり入る大きさ
  • 猫の爪が出る程度に網目が粗い

という2点を押さえたものを選ぶようにしてください。

 

特に、ネットの網目が細かすぎると、

猫の爪をネットから出すことが出来ないため注意が必要です。

 

猫を洗濯ネットに入れて爪を切る方法は?

洗濯ネットが用意できたら、

次は猫を洗濯ネットの中に入れてください。

 

お座りをしている猫の真上から、

あるいは背後から素早く猫の頭にネットを被せていきましょう。

 

上半身が入ってしまえば後は簡単なので、

なるべく猫の頭側からネットを被せていくのがコツです。

 

猫をネットに入れられたら、ネット越しに猫の手に触り、

網目から爪を出させて1本ずつ切っていきます。

 

このとき、猫の手をギュッと握ると嫌がられるため、

優しく押して爪を出させるようにしてください。

 

無事に爪切りが完了したら、

おいしいおやつなどのご褒美をあげることも大切です。

 

爪切りを嫌がる猫、どうやって慣れさせる?

爪切りのたびに大騒ぎしていては、

猫にもストレスになる上に、飼い主にとっても負担になります。

 

スムーズにケアを行うためには、

猫を爪切りに慣れさせることが必要になってきます。

最後に、猫を爪切りに慣れさせる方法を説明していきます。

 

まずは手足に触られることに慣れさせる

猫が爪切りに抵抗する場合、第一段階として

手足に触れられることに慣れさせるところから始めてください。

 

普段から猫の手足を触ったり、

肉球を軽く押して爪を出させたりして、

爪切りの準備をしていきましょう。

 

爪切りという道具に慣れさせる

猫が手足に触れても嫌がらなくなったら、

今度は爪切りという道具そのものに慣れさせていきましょう。

 

初めは爪切りを見せるだけ、次は体に当てて、

最後に手足に触れさせるようにします。

 

すぐには出来ないかもしれませんが、

根気よくこの行動を繰り返すことで、

猫も徐々に爪切りに慣れてくれるはずですよ。

 

 

室内飼いの猫には欠かせない、爪切りというケア。

暴れる猫には洗濯ネットも利用しながら、

定期的に行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ