【懐きやすいが希少な猫】サファリの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、サファリの性格と特徴について

説明します。

 

スポンサーリンク

サファリの由来

サファリは1970年代に猫白血病の研究のため

ワシントン州立大学でジョフロイネコとイエネコなどとで

非常に限られた数だけ交配された、新しい品種です。

 

ジョフロイネコは南アメリカに多く生息する、

ネズミや爬虫類などの小動物を食べる現地の生態系の頂点をなすネコです。

 

大きさは普通のイエネコと同じ程度で、

同じく南アメリカの野生猫であるオセロットやマーゲイと同じように黒い斑点があります。

 

ジョフロイネコ飼育するには許可が必要で、また人に慣れにくいことが知られています。

人と慣れてきても、少し人との接触が少なくればすぐに野生に戻ってしまい、

飼いならす試みはあまりうまくいっていません。

 

一方、ジョフロイネコの血をひくサファリは

見た目はジョフロイネコに似ていますが、性格はおとなしく飼いやすいネコです。

スポンサーリンク

 サファリの特徴

サファリの外見はもととなったジョフロイネコとあまり変わりありません。

 

大きさは普通のネコと同じぐらいか、

もうすこし細身の体型をしています。

 

黒い斑点のあるのが普通で、

地の色は茶色がかった黄色やシルバー、真っ黒という場合もあります。

 

サファリの性格

サファリは他の雑種のネコと同じようにわんぱくですが、

同時に穏やかで愛情深く、なつきやすい性格をしています。

人に慣れにくいジョフロイネコとはその点でかなり改良されたと言えるでしょう。

 

またサファリは非常に賢く、

いたずら好きなネコで前足を手のように器用に使って遊びます。

 

サファリは野生のネコのワイルドな外見に

優しく飼いやすいイエネコの性格の合わさったネコということが出来るでしょう。

 

 サファリを飼う際の注意点

 

ジョフロイネコとイエネコは遺伝子の数が異なり、

その交配は困難がつきまとうものでした。

 

最近になってようやくそれに成功したため

サファリはまだ現れてから半世紀も経過していません。

 

そのため、まだ数が非常に少なく、

世界最大の猫の血統登録機関であるTICAの2013年の段階で

サファリの登録数は100匹を下回ります。

 

 

その希少さからサファリはネコの中でも特に高価なネコで、

ネコのロールスロイスとも言われています。

 

普通のペットショップなどで簡単に買えるというものではありません。

また、ベンガルなどの同じような模様のネコが

サファリと偽って売られていることもあります。

 

サファリを飼うにはまず本物に出会えるかどうか、

そしてお金の問題が大きいと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ