【犬のような性格の猫?】キンカローの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、キンカローの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

キンカローの由来

1990年代の中頃に、テリーハリスという人物が、

アメリカンカールマンチカンを交配させたことにより、誕生しました。

 

品種としてとても新しく、歴史が短いために、

遺伝的な疾患などや平均寿命などはまだまだ統計を取っている段階になります。

 

TICAに実験種というカテゴリーで認定されています。

またTDCAという小型猫の登録を専門に行っている機関にも公認されています。

 

キンカロー(Kinkalow)という名前の由来ですが、

Kinkyという縮れたという意味の単語と、

短い脚を意味する、Lowlegsを合体させて名付けられたと言われています。

スポンサーリンク

 キンカローの特徴

キンカローの特徴としては、短い脚と折れた耳です。

 

短い脚はマンチカンから受け継がれたもので、

折れ耳はアメリカンカールから受け継がれた要素です。

 

生まれてすぐは、アメリカンカールと同じように、直立耳をしているのですが、

生後2週間頃から耳がカールしだします。

 

遺伝病が少ないというのも、特徴の一つです。

体長が短いことでも有名で、しっぽより短い場合もあります。

その被毛はシルクのような肌触りで筆舌に尽くしがたいです。

 

被毛のカラーやパターンなどは様々存在しており、

ブラック、クリーム、オレンジ、グレイ、タビーなどがあります。

 

キンカローの性格

性格は、遊びが大好きで無邪気です。

犬のような性格をしている猫で、飼い主ともよく遊びます。

 

知性も高いので、

物をとってくる芸などもこなします。

 

 キンカローを飼う際の注意点

キンカローを飼育する上で注意したい点を紹介します。

 

キンカローはとても遊び好きなので、

飼い主さんも時間をとって遊んであげましょう。

 

スキンシップもたっぷりとってあげてください。

そうしないとストレスをためることになります。

 

ストレスは免疫力を下げることにつながるため、

色々な感染症を引き起こすことにつながります。

 

被毛のお手入れは、短毛なので、頻繁には行わなくても大丈夫ですが、

週一回程度は行ってください。

 

キンカローにかかりやすい病気は、痊瘡があげられます。

猫のアクネのことですが、

顎の下の毛穴に皮膚の分泌物がたまり細菌感染を起こした状態の皮膚病です。

 

初期であれば、

オキシドールなどをしみ込ませたコットンなどでふき取ったりすることで対処できます。

 

ですが、悪化すると

薬用シャンプーや抗生物質の投与なども必要になってきますので、注意が必要です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ