猫のふんの粗相は何が原因?考えられる3つの理由&しつけ方



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「今までは問題なくトイレを使っていた猫が、

急にトイレ以外の場所でふんをするようになった」

と、悩んではいませんか?

 

実は、猫のふんの粗相には、

人間には気付きにくいさまざまな理由があると言われているのです。

 

今回の記事では、猫が粗相をする3つの原因を解説するとともに、

粗相をやめさせるしつけ方についても紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫のふんの粗相、何が原因?

飼い主にとっても大きな負担となる、猫のふんの粗相。

 

では、一体どんな理由から、

猫がトイレ以外の場所でふんをするようになるのでしょうか?

まずは、考えられる3つの原因を解説していきます。

 

1.トイレが気に入らない

トイレの形状や置き場所、猫砂の材質が気に入らないために、

猫がトイレ以外の場所で排泄するようになることがあります。

 

また、猫にとってトイレの掃除が不十分であることも、

粗相の原因になり得ます。

 

2.ストレス

引越しなどによる環境の変化や、

飼い主不在の寂しさといったストレスが原因で、

猫が粗相をするようになることがあります。

 

特に、猫を多頭飼いしている場合では、

飼い主の愛情やテリトリーを巡る争いの一環として、

猫が意図的にトイレ以外の場所でふんをするケースも。

 

3.認知症などの病気

加齢による認知症や、肥満による関節炎などが原因で、

猫がトイレをうまく使えなくなる場合があります。

 

粗相以外にも猫の体に異変を感じたら、

信頼できる獣医師の診察を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

ふんの粗相をなくすために……猫をしつける方法は?

病気でもないのに猫が粗相をする場合には、

飼い主による正しいしつけが必要となってきます。

ここでは、猫のふんの粗相を防ぐしつけ方を紹介していきます。

 

トイレ以外の場所でふんをするという行動は、

習慣化するとなかなか矯正できないため、

一刻も早くしつけを行うことが肝心です。

 

 

まずはトイレが猫にとって快適かどうか確認し、

問題があれば猫砂や置き場所を変更するようにしてください。

 

また、猫は排泄物の匂いがする場所で

再び用を足す傾向があるため、

粗相された場所や物は、しっかりと消臭することが重要です。

 

その上で必要なのが、猫が粗相をしても叱らないという忍耐です。

 

猫はトイレの失敗を叱られると、隠れて粗相をするようになったり、

トイレを我慢して体調を崩したりします。

 

そのため、猫がトイレに失敗しても叱らず、

成功したら褒めるようにしてください。

 

すぐに成果が出なくても、

根気強くこれを繰り返していくことで、

猫がトイレで用を足してくれるようになるはずですよ。

 

同時に、粗相の原因となっているストレス

取り除いていきましょう。

 

 

特に、猫を多頭飼いしている場合には、

トイレの数を増やしたり、それぞれの位置を離したりすることで、

粗相がおさまることがあります。

 

猫特有のフェロモンを利用したしつけ方がある!?

粗相の原因がストレスである場合には、

猫特有のフェロモンを利用したしつけが効果的だとされています。

最後に、このフェロモンを使ったしつけ方を説明していきます。

 

猫の体から分泌されるフェロモンの一つに、

フェイシャルフェロモンF3というものがあります。

 

このフェロモンには、猫の気持ちを落ち着かせ、

ストレスを和らげる働きがあると考えられており、

最近ではしつけにも利用されるようになっているのです。

 

 

この商品には

フェイシャルフェロモンF3に類似した成分が含まれており、

猫が粗相をする場所にスプレーすることで、

猫の気持ちを落ち着かせ、

粗相を防ぐことが出来るとされています。

 

ストレスによる猫の粗相がどうしてもおさまらない場合には、

こういったしつけ用品を活用することも

一つの手だと言えるでしょう。

 

 

さまざまな原因によって引き起こされる、猫のふんの粗相。

猫がトイレに失敗しても叱らず、成功したら褒めるという

やり方で、しつけを行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ