【シャンプーを嫌がる猫】お風呂に入れる前の準備を念入りに


シャンプーを嫌がる猫 お風呂に入れる前の準備を念入りに!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

外から遊んで帰ってきて汚れている猫。

洗ってあげたいのですが、シャンプーを嫌がるので困っているという飼い主さんも多いようです。

 

今回は、猫のシャンプー前にしておきたい準備についてお話しをしていきます。

念入りに準備をしておけば、

シャンプー嫌いの猫を手早く洗ってあげることができます。

スポンサーリンク

 

嫌がる猫はシャンプーの環境に慣らすことが大事

シャンプーを嫌がる猫にいきなり無理強いをするともっと嫌いになってしまいます。

 

猫がシャンプーに慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、

少しずつ慣らしてあげましょう。

 

そのために、浴室やバスタブなどといった

シャンプーの環境に慣れさせることが大事です。

 

シャンプー嫌いの猫にとっては、

できるだけ手際よく時間をかけずにシャンプーしてもらえば、

ストレス軽減につながります。

 

そのためには、シャンプー前の念入りな準備が必要になります。

 

準備は大きく分けて二つ。

 

前もって、猫にしておきたい準備と、

シャンプーするときの洗い場の環境やシャンプー後に使う部屋の準備などです。

それらをしっかり行うことが、手際の良いシャンプーにつながります。

 

スポンサーリンク

シャンプー前にしておきたい猫の準備

猫のシャンプーをする日を決めたら、

まずシャンプーに向けてしておきたい猫の準備が3つあります。

 

爪を切る

愛猫に引っ掻かれたことはありませんか?

 

遊んでいるときでも鋭い爪で引っ掛かれるとかなりの傷になります。

 

シャンプーを嫌がる猫は、なおさら暴れて引っ掻く可能性があります。

飼い主さんが怪我をしないように、爪を切っておきましょう。

 

猫によっては爪切りも嫌いでなかなか切らせてくれないこともあります。

ましてシャンプー直前に切ると、

嫌いな爪切りとシャンプーとがセットになってしまい、なおさら嫌がります。

 

普段から爪を切る習慣をつけておくことをおすすめします。

 

ブラッシングをする

シャンプー当日は、しっかりブラッシングをしましょう。

 

あらかじめ被毛の汚れや抜け毛を減らしておいた方が洗うときも楽ですし、

飼い主さんにが、シャンプーの後の浴室を掃除するときも楽に行えます。

ブラッシングにも普段から慣らしておきましょう。

 

耳掃除をする

猫の体質や生活スタイルによって耳の汚れ方は違いますが、

外に遊びに出る猫や、粘着性の耳垢が溜まりやすい猫の場合は、

シャンプー前の耳掃除は大切です。

 

無理なく指が届くところまで、カット綿などを使って拭いてあげましょう。

 

耳垢がたまった状態でシャンプーすると、

湿気を含んだ耳垢が奥の方に詰まって中耳炎の原因になります。

 

耳垢がひどいときは、無理せずに動物病院でとってもらってくださいね。

 

 

以上の3つは、猫をシャンプーするときだけではなく、

日常の手入れとして、習慣をつけておきましょう。

 

猫のシャンプー前に準備しておきたい環境

シャンプーを嫌がる猫を浴室に連れていっていざ洗おうと思ったとき、

お湯の温度調節など準備ができていなければ猫は隙を見て逃げようとします。

 

そんなことがないように、手早くシャンプーするための準備についてお話しをします。

 

体を乾かす部屋の準備をしておく

まず、猫のシャンプー後に体を乾かす部屋の準備をしておきましょう。

 

季節によって異なりますが、

濡れた身体が渇くとき体温が奪われますので、

冷えないように室温調節をしておきましょう。

 

そして乾かす場所に、猫が好きなタオルや敷物などを用意して、

すぐに使えるようにドライヤーなどもセットしておきましょう。

 

シャンプーを嫌がる猫は、シャンプー後もかなり興奮しているかもしれません。

 

猫が安心できる居場所

作って、好きなオモチャも用意してあげましょう。

 

猫のバスタブ(洗面器等)を準備する

これまでお話してきました準備ができましたら、

猫を浴室に連れて行く直前のお話しになります。

 

猫を洗うバスタブを用意しましょう。

 

猫が入って充分ゆとりがある大きさがいいでしょう。

 

その中の3分の2くらいまでぬるま湯を入れておきます。

温度は30度から33度くらいを目安にしてください。

 

 

猫の皮膚はデリケートです。

温度が高いと必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意が必要です。

また猫の気が紛れるように、バスタブに好きなおもちゃを入れておきます。

 

シャンプーの時期が寒いときでしたら、浴室にお湯をかけるなどして、

浴室内も温めておきましょう。

 

特に神経質な猫の場合は、

前もって空のバスタブを部屋に置いて遊ばせて慣らしてあげましょう。

 

 

また、普段洗面台で遊んだり水を飲んだりしている猫でしたら、

洗面台に栓をしてバスタブにすることもおすすめです。

できるだけ猫にとって自然なスタイルになることが望ましいです。

 

ぬるま湯の量ですが、さきほど3分の2くらいとお話ししましたが、

猫が嫌がる場合は様子を見ながら、ほんの少しからはじめてみることもおすすめです。

 

体が濡れることが嫌いでも、蛇口から出る水で遊ぶことが好きな猫もいます。

空のバスタブで猫を遊ばせながら、

足元が濡れる程度に少しずつ

ぬるま湯を入れて慣らすことも一つの方法です。

 

 

今回は、シャンプー前に準備しておきたいことについてお話しをしてきました。

飼い主さんは、

猫に普段からバスタブやオモチャなどに慣れさせたり、浴室を探検させたりして、

猫にとってシャンプーが特別のものでなくなるように、日頃から心がけてあげましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ