【猫が下痢と嘔吐をした時】異物が原因による腸閉塞について


【猫が下痢と嘔吐をした時】異物が原因による腸閉塞について

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫が異物を口にした時、

腸閉塞になる事を念頭に置いて下さい。

 

運の良い猫は、

異物が胃に留まり、開腹手術をする事はありませんが、

異物が腸まで届いた場合、開腹手術は必至です。

 

今回は、腸閉塞についてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

猫の下痢や嘔吐の原因となる腸閉塞

本来、口から摂取した飲食物は、

胃→小腸→大腸の順に通過し、消化・吸収され、

便として肛門から排泄されます。

 

一方、腸閉塞の場合は、

  • おもちゃ
  • 紐 等、

猫が誤って食べてしまった異物や、

  • 通常の飲食物 等が、

小腸や大腸で滞り、詰まってしまいます。

 

つまり、

異物が小腸や大腸に栓をしてしまい、

後から摂取した食べ物が、消化・吸収されなくなります。

 

それに伴い、腸が拡張し、お腹が張ってきます。

 

また、

肛門方面へと進めない腸の内容物は、

逆方向(口方面)へと進路を変更する為、

逆流し、嘔吐します。

 

人間の場合、腹痛と嘔吐が併発する為、

判断が比較的容易ではありますが、

猫の場合、痛みを訴える事が無い為、

レントゲンで検査をし、発見される事が多いです。

 

スポンサーリンク

腸閉塞の治療法

腸閉塞の場合、

脱水症状になる事が多いです。

 

その場合は、輸液をしてから、

開腹手術を行い、原因を除去する事があります。

 

この際、異物が滞っていた為に、

腸管が傷ついてしまった場合、

傷んだ腸管を切除し、元気な腸管を縫い合わせる事もあります。

 

異物の誤飲の場合、

  • ビー玉
  • ぬいぐるみ
  • 1m以上の紐
  • コイン・小銭 等

身近にある小物が出てくる事が多いです。

 

また、腸閉塞は、

  • 腫瘍
  • 寄生虫
  • 腸がねじれる
  • 腸の血管が圧迫される 等

以上が原因で起こる事もあります。

 

その為、

  • 腸の一部分を除去する
  • 腸を正しい位置へと補修する 等

別の手術方法もあります。

 

この場合、

異物の誤飲に比べ、再発する事多いので、

手術後の経過観察をする様にしましょう。

 

腸閉塞の対処法

猫が腸閉塞を起こす理由の第1位は、

異物の誤飲です。

 

その為、

猫が飲みこみそうな物は、

出来る限り猫が届かない場所で管理する事をオススメします。

 

また、猫じゃらしの紐 や先端に付いたおもちゃ を、

飼い主さんがいない間、猫だけで遊んでいると、

飲み込んでしまう事があります。

 

こういった事を防ぐ為、

使い終わったおもちゃは、直ぐに片付ける様、心掛ける事が大切です。

 

 

猫は人間が考えているより、異物を誤飲してしまいます。

 

猫は舌がザラザラしている為、

異物が舌に引っ掛かり、

そのまま飲みこんでしまう事もあります。

 

飼い主さんのちょっとした注意で、

異物の誤飲が防げます。

 

今一度、ご自身の身の回りをチェックしてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ