【指の数が多い猫!?】アメリカンポリダクティルの性格と特徴


【指の数が多い猫?】アメリカンポリダクティルの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はアメリカンポリダクティルの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

アメリカンポリダクティルの由来

アメリカンポリダクティルの歴史の始まりは、数百年前にまで遡ります。

 

当時世界を旅していたヨーロッパの船乗りたちは、

船に出るネズミ捕りのため、そして幸運のお守りとして猫を船に乗せていました。

 

その中でアメリカに上陸したものが、

アメリカンポリダクティルの祖先となったと言われています。

 

品種名となっている「ポリダクティル」とは「多指」という意味で、

被毛の長さや色に関係なく、

通常よりも多い指を持っていればアメリカンポリダクティルとして認められるそう。

 

ちなみに、「老人と海」で有名なかの文豪アーネスト・ヘミングウェイも、

船乗りから貰い受けた多指の猫を可愛がっていたといいます。

 

そのことにちなんで、

アメリカンポリダクティルは「ヘミングウェイキャット」と呼ばれることもあるんですよ。

スポンサーリンク

アメリカンポリダクティルの特徴

アメリカンポリダクティル最大の特徴は、

普通の猫よりも指の数が多いことにあります。

 

通常、猫の指の数はそれぞれの前足に5本、後ろ足に5本の指で合計18本。

 

それに対し、アメリカンポリダクティルは前足のみや後ろ足のみ、

または全ての足において指が多いなど、

多様なパターンでの多指が現れるのです。

 

祖先が船の上でネズミを捕って暮らしていたアメリカンポリダクティルは、

前足で物を掴むのが大の得意。

 

その特徴である指を使っておもちゃなどを掴む姿には、

ほかの猫にはない器用さが感じられるそうですよ。

 

アメリカンポリダクティルの性格

アメリカンポリダクティルの性格は、とても明るくて社交的。

 

船上という時には過酷な場所で生き抜いてきた歴史を持つ猫らしく、

非常にその場に適応する力が高く、どんな環境にも対応できると言われています。

 

アメリカンポリダクティルを飼う際の注意点

船の上でたくましく生きてきたアメリカンポリダクティルの体はいたって頑健。

ほとんど手がかかりません。

 

ブラッシングも短毛種なら週に1回、

長毛種でも週に2回の頻度で十分です。

 

また、祖先がネズミを捕って暮らしていたアメリカンポリダクティルには、

優秀なハンターの血が流れています。

 

おもちゃのネズミなどを使って遊んであげると、とても喜んでくれるそうですよ。

 

ほかの猫を飼うのと同様に、運動不足にならないよう気をつけることが必要です。

アメリカンポリダクティルのパワフルな行動に耐える、

しっかりとしたキャットタワーを設置するなどして、

十分に遊べるスペースを作ってあげてくださいね。

 

運動量に見合った食事を与えることで肥満を防ぎ、

健康に長生きさせることが可能です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ