【独立心が旺盛な猫】アメリカンキューダの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、アメリカンキューダの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 アメリカンキューダの由来

アメリカンキューダは、16~17世紀頃、アメリカへと渡るスペインの船に、

ネズミ等の害獣駆除の為に乗せられたのが始まりです。

 

彼らは愛玩用として船に乗っていた訳ではないので、

船の中で食事を与えられる事はありませんでした。

 

その為、自分の食事は自分の力で手に入れなければならず、

他の種類の猫に比べ、狩猟能力が優れている猫だけが生き残ったと言われています。

 

アメリカ到着後、

彼らはアメリカの地に放たれ、アメリカに住む人々と共に暮らす様になりました。

 

1980年代、アメリカ・テキサス州、オクラホマ州、ニューメキシコ州にて、

害獣駆除に適した猫を作ろうと、

「Kitten Evaluation Under Direct Assessment」という活動が盛んになりました。

 

その結果、

エジプト原産のエジプシャンマウという、

とても足の速い猫に似た、野良猫達が選ばれました。

 

その際、この野良猫達は、

  • エジプシャウマンの血統が混ざっているから優れていたのか?
  • また、エジプシャウマンに似ているから優れていたのか?

このプロジェクトにおいて大きな議論となりました。

 

そして、野良猫たちはこのプロジェクトの頭文字を取り、

キューダ(keuda)と名付けられ、現在に至ります。

スポンサーリンク

アメリカンキューダの特徴

アメリカンキューダは毛が薄めです。

それは、彼らが長年、野生猫として生活していた事に原因があります。

 

彼らは、ターゲットを捕まえたり、天敵から逃げる為、早く走る必要がありました。

そして、それを可能にさせる為が、

腹部とひじの後ろに「皮ひだ」が誕生しました。

 

これにより、一歩を大きくし、より早いスピードで走る事が出来ます。

 

皮に見合っただけの毛が生えてしまうと、それは皮ひだではなく、

ただの皮になってしまい、体が大きいだけの猫になってしまいます。

その為、毛が薄いのです。

 

 

毛触りはシルクの様に滑らかで、光沢があります

1度触れたら、夢中になってしまうかもしれません。

 

平均体重は、2.5~6.5kgです。彼らは野生猫の為、

他の種類の猫に比べ、大きさにバラつきがあります。

 

平均寿命は、5~10歳と言われていますが、

あくまで野生として生活を送っていた頃のものです。

 

ペットとして生活し始めてからのデータはまだ正確には取れていません。

 

アメリカンキューダの性格

彼らはとても神経質な性格です。

その為、あまりしつこく触らないようにしましょう。

 

また、彼らは人間の側で暮らしていたものの、自力で生活をしていたため

独立心が旺盛です。

 

アメリカンキューダを飼う際の注意点

アメリカンキューダは、寒い時期になっても毛が殆ど生えてきません

その為、寒い季節には、部屋は一定の温度で温かく保つ必要があります。

 

猫の中には、人間と遊ぶ事が大好きな子もいます。

ですが、アメリカンキューダは独立心が旺盛な猫です。

 

可愛がるというよりは、

彼らの存在を尊重する事を大切にしましょう。

 

彼らは1990年代頃から徐々にペットとして人間と共に暮らし始めました。

昔から人間のペットとして暮らしてきた猫たちとは違い、

分かっていない部分も大いにあります。

 

未知の彼らを受け入れる事を覚悟してから飼う事をオススメします。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ