【腹痛に伴う下痢は要注意】猫から人へ感染する病気4選


【腹痛に伴う下痢は要注意】猫から人へ感染する病気4選

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

 

猫から人間へ病気が感染する事があります。

これを「人獣共有感染症」と言います。

 

可愛いからと、

「キス」「匂いを嗅ぐ」等、

過度な接触をすると、感染する事が殆どです。

 

今回は、誰しも1度は聞いた事がある人獣共有感染症をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

猫ひっかき病

有名な人獣共有感染症の1つです。

 

猫ひっかき病感染の主な理由

原因菌である「ベルトネラ・ヘンセラ」を保有している猫に、

名前の通り、引っ掻かれる、または、噛まれる事です。

他にも、

猫ノミに噛まれる事により、

「人間」「猫」に感染する事があります。

 

猫ひっかき病の主な症状

受傷後、3~10日の間に、虫刺されの様な赤い腫れが出来ます。

それと同時期に、

「脇」「鼠径部」のリンパ節が腫れてきます。

 

多くの場合は、

自然治癒により完治します。

 

しかし、

「脳炎」「心内膜炎」等へ進行する事が稀にあります。

 

また、猫は菌を保有していたところで、無症状の為、
見抜く事は難しいです。

 

猫ひっかき病の主な対処法

猫に「引掻かれる」「噛まれる」等、

外傷を負わされた場合、消毒をする事で予防が出来ます。

 

また、ノミの駆除を徹底する事も大切です。

 

スポンサーリンク

トキソカラ症

別名、回虫症です。

回虫は、白いミミズの様な形をした虫です。

 

回虫を保有している猫の「糞」「尻」に付いている事により、

回虫が発見される事が多々あります。

 

成虫の場合、

猫から人間へ、宿主を変更する事は稀なケースです。

 

しかし、

「卵」「幼虫」の場合は違います。

例えば、

回虫を保有している猫の糞を片付けた後、

手を洗わずに、食べ物を口へ入れる事により、

回虫の卵が口から侵入し、感染する事があります。

 

トキソカラ症の主な症状

回虫の卵が侵入した場所により、異なります。

 

内臓へ侵入した場合、

  • 発熱
  • 倦怠感
  • 食欲不振 等になります。

 

目に侵入した場合、

  • ぶどう膜炎
  • 視力低下
  • 飛蚊症 等をおこします。

 

また、

回虫を保有している成猫は、

糞以外に回虫を確認する事は難しいです。
しかし、子猫の場合、

体重減少、下痢、嘔吐 等が起こる事があります。

 

トキソカラ症の主な対処法

  • トイレ掃除
  • 尻周辺に触れた 等、

猫のエチケットゾーンに触れた際には、手を洗う様にしましょう。

 

狂犬病

この名前を聞くと、

「犬の話では?」と、思う方もいる事でしょう。

 

しかし、

狂犬病は全ての哺乳類に感染し、

感染した動物、ほぼ死亡してしまう怖ろしい病です。

 

猫の場合、

1957年に感染が報告されて以来、

発症は無いと言われています。

 

狂犬病の主な感染ルート

  • 「噛まれる」
  • 「舐められる」等、

粘膜部(目や口など)に、唾液が流れ込む事です。

 

狂犬病ウィルスは、

狂犬病に感染した動物の唾液に分泌されています。

 

狂犬病の主な症状

  • 発熱
  • 痛み
  • 不安感 等があります。

そして、病気が進行すると、

  • 興奮
  • 精神錯乱 等を起こし、

最終的には、

  • 全身麻痺 を起こし、
  • 死亡 してしまいます。

 

狂犬病は、

感染後、発症までの期間が長く、

数年後に発症する事があります。

 

エキノコックス症

この名前を聞くと、

「キタキツネの話では?」と、思う方もいる事でしょう。

 

エキノコックスの主な感染源は、キタキツネです。

 

日本では、北海道 等で発生する事が殆どですが、

2014年、

愛知県に生息していた野犬からエキノコックス症が見付かりました。

 

猫がエキノコックスを発症する場合、

感染しているネズミを捕食する事が主な原因と言われています。

 

エキノコックス症の主な感染ルート

感染した猫の糞にいる回虫の卵を、口へ入れてしまう場合です。

 

エキノコックス症の主な症状

回虫症同様、卵が侵入した場所により異なります。

 

例えば、

肝臓に侵入した場合、

咳、血痰、胸痛 等、

結核に似た症状を起こします。

 

また、

感染した猫の主な症状は、下痢です。

他には症状が出にくい為、

専門家でない方には、見極めは難しいです。

 

エキノコックス症の主な対処法

猫の糞を扱った後は、きちんと手洗いをしましょう。

 

また、流行地域では、

定期的な便検査、虫の駆除が必要不可欠です。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ