猫のトレーナーは存在しない!?自力で猫をしつける3つの方法


猫のトレーナーは存在しない!自力で猫をしつける3つの方法

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫の場合は犬とは違い、

しつけにおいてトレーナーの手を借りるということが困難です。

 

では、飼い主自身で猫のしつけを行うとき、

一体どんなやり方が効果的なのでしょうか?

 

今回は、飼い主が自力で出来る、3種類の猫のしつけ方を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫のしつけにおける3つのNG行動

残念ながら、日本には猫のしつけを専門とするトレーナーは

ほとんど存在しないのが現状です。

そのため、猫のしつけは飼い主が自力で行う必要があります。

 

まずは、猫をしつける際の

禁止事項について確認していきましょう。

 

1.叩くなどの体罰

猫のしつけにおいて、叩く・蹴るなどの体罰は厳禁とされています。

猫に体罰を与えても、いい子になるどころか、

飼い主に対して攻撃的になる可能性があります。

 

たとえしつけが難航していても、

決して暴力には頼らないようにしてください

 

2.大声で怒鳴る

猫はもともと、大きな物音が苦手な動物です。

猫をしつけるときに怒鳴ってばかりいては、

猫に嫌われてしまう危険があります。

 

猫を叱る場合には、低く力強い声を出すとよいでしょう。

 

3.叱るときに猫の名前を呼ぶ

猫を叱るたびに名前を連呼していると、

「名前を呼ばれる=嫌なことが起こる」と猫が覚えてしまい、

ついには名前を呼ばれるだけで逃げ出すようになってしまいます。

 

猫を叱るときは、「こら」や「ダメよ」など、

名前以外の短いフレーズを使うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

自力で出来る!3つの猫のしつけ方

トレーナーには頼れない、猫のしつけ。

自力で猫をしつけるには、どんな方法が効果的なのでしょうか?

ここでは、3つの実践的なやり方を紹介していきます。

 

1.無視する

おやつが欲しくてニャーニャーと大騒ぎする猫には、

無視」してしつける方法が有効です。

 

猫の要求鳴きには一切反応せず、

どんなに鳴いても、意味がない」と猫に悟らせましょう。

 

根比べになりますが、猫が諦めるまで無視を貫くことが大切です。

 

2.サプライズによる「天罰」を与える

調理台に乗ったり、カーテンを登ったりといった

悪さをする猫には、「天罰方式」によるサプライズが効果的です。

 

猫が悪さをした瞬間、背後から水鉄砲を撃ったり、

両手をパン!と打ち鳴らしたりしてください。

 

こういったしつけを何度か繰り返すことで、

猫に「○○をすると嫌な目にあうから、もうしない

と学習させることが出来るはずですよ。

 

3.市販のしつけ用品を活用する

飼い主の努力だけではしつけが難しい場合、

市販のしつけ用グッズを試してみるのも一つの手です。

 

猫が嫌がるニオイのスプレーを、

噛んでほしくない物や、粗相してほしくない場所に

吹き付けてみてください。

 

飼い主によるしつけと合わせて行えば、

相乗効果が狙える可能性もあります。

 

猫のしつけには一貫性が重要

猫のしつけにおいて、最も重要なのは一貫性です。

たとえば、猫のムダ鳴きを矯正すると決めたなら、

どんな場合でも鳴き声によって猫の望むものを与えてはいけません。

 

飼い主が猫のうるさい鳴き声に根負けして、

おやつをあげたり構ってあげたりすると、

しつこく鳴いたら、いいことがあった」と猫が覚えてしまい、

ますますしつけは困難になってしまうのです。

 

また、家族で猫を飼っている場合にも、

全員が一貫した姿勢でしつけに取り組む必要があります。

 

例として、猫がテーブルに乗ると怒る人間と、

おやつをあげる人間が同じ家庭にいると、

猫は混乱し、ルールを覚えることが出来ません。

 

事前にしっかりと話し合い、

しつけの方向性を統一することが大切です。

 

 

トレーナーの助けなしに行う必要がある、猫のしつけ。

市販のしつけ用グッズなども活用して、

焦らずじっくりと続けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ