猫の迷子防止に!首輪に書いておきたい名前と電話番号


猫の迷子防止に!首輪に書いておきたい名前と電話番号

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

 

猫の首輪には、

少なくとも飼い主さんの名前電話番号だけは、

つけておきたいものです。

 

迷子になったとき、戻って来る確率がぐんと増えるからです。

ショップには、かわいい迷子札がたくさん並んでいますが、

何を基準に選べばいいのでしょうか?

 

今回は、名前や電話番号つきの首輪についてお話しします。

スポンサーリンク

 

名前と電話番号つき首輪は猫のため

猫がもしも外に出てしまったときのために、

つけておきたいのが名前と電話番号つきの首輪です。

 

首輪をつけているだけでも、

逃げたとき野良猫と間違われて保健所などへ連れて行かれる可能性は低くなりますが、

飼い主さんの名前と電話番号

があれば、家に戻って来る可能性がともて高くなります。

 

では、どのような形で首輪に情報を入れればいいのでしょうか?

首輪に直接入れる方法と迷子札を首輪につける方法があり、

機能性に加えて、お洒落なデザインもたくさんあります。

 

さらに、ショップで入れてもらうこともできますし、

ご自分で工夫して書くこともできますが、

首輪の材質によって入れ方も変わってきます。

 

次に、それぞれの方法についてお話しを進めていきます。

 

スポンサーリンク

首輪に直接入れる(刻印など)

ショップで入れてもらう

ショップで首輪を購入するときに、直接情報を入れてもらうこともできます。

 

革製の首輪

革製の首輪の場合は、レーザー彫刻という方法で刻印できます。

皮革自体がレーザー彫刻に最も適した素材といえますので、

ほとんどの革に対してきれいに加工することができます。

 

皮革は耐久性があり、時の経過とともに深みが出るという特徴がありますが、

反面、硬めで重たくなりやすいので、猫に合わせることが大事になります。

子猫や皮膚が敏感な猫の場合は合わないこともあります。

 

布製の首輪

布製の首輪の場合は、首輪に直接刺繍してもらうことができます。

布は軽いので、どのような猫にも対応がしやすいといえます。

 

ただし、革と比べますと耐久性に劣ります

 

自分で入れる

手作りの首輪やシュシュなどを使っている場合は、

ご自分で直接書いたり刺繍したりすることもできます。

 

手作り感あふれる首輪になりますが、文字が滲んだりかすれたりしやすいことと、

糸がほつれたりすることもありますので、注意が必要になります。

 

また、首輪の表だと目立つからといって、裏に書くこともあるようですが、

裏はあまりおすすめできません。

 

シュシュのようにひらひらした首輪なら目立つかもしれませんが、

ベルトタイプの首輪ですと読みにくく、保護した方が見つけられない可能性があるからです。

 

 

以上が、首輪に直接入れる方法になります。

材質による違いから、価格や手間など特徴が異なりますので、

比較してみてください。

 

首輪に迷子札をつける

迷子札には、プレートを首輪につけるタイプと、

札を首輪からぶら下げる方法があります。

 

ショップで作ってもらう

プレートを首輪につける

たとえば、情報を刻印した真鍮などのプレートの札を、皮革の首輪につけるという方法です。

 

情報も見やすく、首輪に固定されていますので安定感があります。

このタイプの迷子札は耐久性があり水にもつよく、引っ掻き傷で消えることもありません。

ただし少し重たくなりますので、猫の年齢や体格をみてつけてあげましょう。

 

また、革のほかに布やナイロン、ビニールなどに装着できる迷子札のみを購入できるショップもあり

ます。

その場合は、刻印をしてもらった迷子札だけの購入になりますので、

ご自分で首輪に取り付けることになります。

 

ぶら下げる迷子札

ぶら下げる迷子札には、いろいろな材質やデザインがあります。

高価な金銀の札に刻印してもらったり、布地に刺繍してもらったりできます。

 

ぶら下げる迷子札はアクセサリー感覚でつけられますが、

猫によっては嫌がることもあります。

口で取ろうとすると、誤飲にもつながりますので

迷子札の大きさや長さにも注意が必要です。

 

手作り迷子札

手作りの場合は、

布に刺繍をしたり書いたりして一から作り上げることもできますが、

キットを購入して作ることもできます。

 

首輪につけるプレートタイプも、ぶら下げタイプも可能です。

 

細かい作業が好きな方でしたら、

身の回りにある材料を使ってかわいい迷子札に挑戦してみるのも楽しいですね!

 

 

大切な猫が万が一外に出てしまったときのために、

首輪に飼い主さんの名前と電話番号を付けておくことは大事です。

種類はいろいろとありますので、まず猫の性格を考慮して選んであげてください!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ