猫を散歩させるときには首輪よりハーネスがおすすめ!


猫を散歩させるときには首輪よりハーネスがおすすめ!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

 

室内やケージ飼いの猫も

たまには外に連れていってあげたいって思うことありませんか?

 

でも初めての散歩はとても不安ですね。

 

首輪とハーネスどちらがいいのか、

どんなにことに注意をすればいいのかなど考えてしまいます。

 

そんなときのために、

猫を散歩させるときの準備から注意点までをお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

猫の散歩は慎重に

わが家の猫はいつも部屋の中だから、

たまには外を散歩させてあげたいって思うこともありますよね。

 

ですが、猫によっては散歩が危険な場合もあります。

 

室内飼いやケージの中だけで飼われている猫にとって、

外は家の中から見るものであって、自分が出て遊ぶところではない場合も多いのです。

 

そのため外に出ることに恐怖を感じることさえもあります。

そのような猫を無理に散歩に連れて行くとパニックを起こすことも考えられます。

 

ですが、室内飼いであっても、

好奇心旺盛の猫にとっては、散歩は楽しみの一つで、

外に出て風に吹かれたり鳥や虫の鳴き声を聴いたりすることで

ストレス発散になることもあります。

 

このように散歩といっても、

猫によってはストレス解消になる場合とそうでない場合がありますので、

性格をよくみて判断してあげましょう。

 

スポンサーリンク

猫と散歩するときは首輪よりハーネスがおすすめ

いくら散歩が好きな猫でも、外には危険がたくさんありますので、

しっかりした準備が必要になります。

できれば、首輪&リードよりハーネス&リードをおすすめします。

 

なぜハーネスがおすすめ?

なぜハーネスがおすすめかといいますと、

輪だと抜けてしまう確率が高いことと、

首輪をリードで引っ張られると苦しいからです。

 

思ったよりも猫の頭は小さくて、体もとてもしなやかです。

ピッタリ調節したつもりの首輪でも、簡単にするっと抜けてしまうことがあります。

特に猫がびっくりしたときなど、暴れるとすぐに抜ける場合があります。

 

腕に通すハーネスの方が猫にとっては安全でやさしいといえます。

ハーネスにも、紐でできたものやベストのようになっているものなど

いろいろな種類がありますので、猫に合ったものを選んであげましょう。

体の大きさに合ったサイズが重要です。

 

 

また、散歩に連れ出す前に、

家の中でハーネスをつけてしっかり練習して慣らしてあげてください。

 

首輪を使う場合の注意点

もし首輪を使う場合は、苦しくない程度で絶対

抜けないようなサイズにしてあげてください。

 

普段、首輪で事故が起きないように

力が加わると外れるタイプを使っている場合でも、

散歩のときに外れてしまっては困ります。

 

散歩のときには、力が加わっても外れないものをつけてあげましょう。

 

 

散歩中リードが引っ張られた状態が続くと首が苦しくなります。

できるだけ猫のペースに合わせて歩いてあげてください。

 

散歩するとき気を付けたいこと

猫を散歩に連れていく準備ができて外に行くとき、

どのようなことに注意をすればいいのでしょうか?

 

ワクチンで感染症の予防をする

外に出ると病気感染の確率が高くなりますので、

ワクチンを接種してしっかり予防をしてあげましょう。

 

また野良猫の中には猫エイズウィルスに感染している場合もあります。

ケンカも感染ルートになりますので注意が必要です。

 

ですが、エイズワクチンの接種にはデメリットもありますので、

獣医師と相談していただくことをおすすめします。

 

環境への注意も必要

鳥インフルエンザが猫に感染するという話もありますので、

鳥の糞に注意することも大切です。

 

また外には、アジサイやキキョウなどのように

猫にとって危険な植物もたくさんあります。

 

私たちが危険なものを見分けることは難しいことですので、

どのようなものであっても口に入れさせないように心がけましょう。

 

 

また猫は大きな音に驚くことがあります。

 

散歩のルートは、車の往来が少ないところや、

ほかの犬たちが遊んでいないところといった

できるだけ静かな場所を選んであげましょう。

 

ほかに気を付けること

突然猫が何かに驚いたとき、抱えることがあります。

飼い主さんが怪我をしないように、日頃から爪を切っておきましょう。

 

また、猫が好きなおやつを持っていったり、

キャリーバッグを持ち歩いたりすることもおすすめです。

いざというときのために、猫が安心できるものや逃げ場を準備してあげましょう。

 

 

猫が散歩を楽しむためには、

ハーネスや首輪に慣らすなどの準備が大切です。

 

怖がりの猫には絶対に無理をしないで、少しずつ慣らしてあげるか、

ほかの方法で楽しい環境を与えてあげることも考えてみてください。

 

猫にとって、安全に楽しめる散歩が一番です!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ