イタズラ猫にシュッと一吹き!霧吹きを使った猫のしつけ方



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫にしてはいけないことを覚えさせるには、どうしつけたらいいの?」

と、悩んではいませんか?

 

実は、猫のしつけに“霧吹き”を活用できる場合があるのです。

今回は、霧吹きを使った猫のしつけ方について解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫のしつけ、やってはいけないNG行動は?

猫のしつけが思うように進まないとき、

もしかしたらその方法に問題があるのかもしれません。

まずは、猫をしつける際には禁物のNG行動を紹介していきます。

 

NG行動1)叩くなどの体罰

猫に体罰を与えても、猫は言うことを聞くようになるどころか、

飼い主を嫌ってかえって攻撃的になると言われています。

 

飼い主との信頼関係にも悪影響があるため、

決して暴力には頼らないようにしてください。

 

NG行動2)大声で怒鳴る

猫はもともと、大きな物音を嫌う動物です。

 

飼い主はしつけのつもりで怒鳴っていても、

猫には「大きな声を出す人=嫌い」と感じられる可能性も。

 

猫を叱る際には、力強く低い声を出すと効果的です。

 

NG行動3)叱るときに猫の名前を呼ぶ

猫を叱るたびにその名前を呼んでいると、

猫は「名前を呼ばれる=嫌なことが起こる」と覚えてしまい、

名前を呼ぶだけで逃げ出すようになるとされています。

 

猫の名前を呼ぶ代わりに、「こら」や「ダメよ」といった、

短いフレーズを使うとよいでしょう。

スポンサーリンク

霧吹きで猫をしつける方法がある!?

簡単にはいかない猫のしつけ。

実は、霧吹きを使った方法が有効だと言われているのです。

ここでは、霧吹きを活用したしつけ方を解説していきます。

 

霧吹きを使った猫のしつけ方はいたって簡単。

猫が悪さをした瞬間、

猫に向かってシュッと水を吹きかけるだけでいいのです。

 

多くの猫は体が濡れるのを嫌うため、

このやり方は非常に効果的。

 

  • 猫がテーブルに乗ったら…シュッ!
  • 猫がカーテンで爪をといだら…シュッ!

と、すぐさま霧吹きを一吹きするようにしてください。

 

何度も繰り返すうちに、

猫が「○○をすると体が濡れて嫌だから、もうしない」

学習してくれるはずですよ。

 

このとき、猫に水をかけているのが飼い主だと気付かれないよう

背後から素早く霧吹きをシュッとすることがコツです。

 

あくまでも“天罰”の形をとることで、

猫に嫌われることなくしつけを行うことが可能になります。

 

猫の問題行動には原因がある!

トイレ以外での排泄や、テーブルに乗るなどの猫の問題行動は、

何らかの原因があって起こっていることが多々あります。

 

この場合、しつけによって問題行動を抑えられても、

根本的な原因を解決できている訳ではありません。

 

猫にしつけを行う前に、

飼い主がその原因について考えることが大切です。

 

たとえば、猫がトイレ以外の場所で粗相をする場合、

ストレスがその原因となっていることがあります。

 

トイレは清潔に保たれているか、場所や形状は猫にとって快適か、

いま一度確認するようにしてください。

 

また、猫がどうしてもテーブルに乗って困るというときも、

単にほかに高い場所がないせいかもしれません。

 

その場合はキャットタワーなどを設置して、

高いところにいたいという猫の本能を満たすことで、

テーブルには登らなくなることもありえます。

 

まずは問題となっている行動の原因を取り除くことで、

猫のしつけもますますスムーズになるはずですよ。

 

 

意外にも霧吹きが有効だった、猫のしつけ。

悪さをする猫には現行犯でシュッと一吹きすると同時に、

問題行動の原因についても考えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ