猫のしつけは叩くべからず!猫をしつける時の3つのNG行動



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫が悪さをした際に、思わず叩いてしまうことがあるかもしれません。

 

しかし、実は猫のしつけにおいて、

体罰は決してしてはいけないことの一つだと言われているのです。

 

今回は、

しつけで猫を叩いてはいけない理由について解説するとともに、

猫のしつけにおいて飼い主がしてはいけないNG行動に関しても紹介していきます。

★★★★★

猫のしつけは叩くべからず!

何度叱っても猫が悪さをやめないと、

つい「言ってダメなら、叩くのはどうだ!」

と考えてしまいますよね。

 

しかし、猫のしつけにおいて、

体罰や暴力は決してしてはいけないことだと言われているのです。

まずは、しつけで猫を叩いてはいけない理由を解説していきます。

 

猫は、悪さをしているときに叩かれても、

それまでの自分の行動を忘れ、

「飼い主に叩かれて痛かった、嫌だった

ということだけを記憶します。

 

そのため、

直前までの自分の行動と体罰を結びつけて考えることはなく、

ただ飼い主を嫌いになってしまうと考えられているのです。

 

大切な猫をしつけるつもりの行動で、

猫に嫌われてしまっては本末転倒。

 

猫にしつけを行う場合には、

体罰は絶対に避けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

猫のしつけにおける3つのNG行動とは?

体罰のほかにも、猫をしつける際には

禁物とされていることがいくつかあります。

ここでは、猫のしつけにおける3つのNG行動を紹介していきます。

 

猫をしつけるときに厳禁とされている行動としては、

  1. 体罰をする
  2. 大声で怒鳴る
  3. 猫の名前を呼ぶ

という3つが挙げられます。

 

1.体罰

まずは体罰についてですが、

これがNGとされる理由は上で解説した通りです。

 

たとえ一度の体罰でも、猫との信頼関係が壊れかねないため、

決して暴力には頼らないようにしてください。

 

2.大声で怒鳴る

また、大声で怒鳴ることも、

猫のしつけに悪影響があると言われています。

 

なぜかというと、猫はもともと大きな物音が嫌いなため、

怒鳴って大きな音を立てる飼い主を

嫌いになってしまう可能性があるからです。

 

猫を叱る場合には、大声を出すのではなく、

力強く低い声で言って聞かせることが大切です。

 

3.猫の名前を呼ぶ

さらに、しつけの際に猫の名前を呼ぶことも、

間違ったやり方だとされています。

 

猫を叱るときに何度も名前を呼んでいると、

猫は「名前を呼ばれる=嫌なことが起こる」と覚えてしまい、

ついには名前を呼ぶだけで

逃げていくようになってしまうのです。

 

 

猫の悪さを叱る際には、「こら」や「ダメよ」といった、

名前以外の短いフレーズを使うようにしてください。

 

猫のしつけは“天罰方式”が効く!

では、一体どんな方法で猫をしつければよいのでしょうか?

最後に、効果的な猫のしつけ方について説明していきます。

 

猫のしつけにおいて有効なのは、

天罰方式”と呼ばれるやり方です。

 

具体的には

  • 悪さをしている猫の背後から水鉄砲を撃つ
  • 手をパン!と打ち鳴らす
  • 霧吹きで水をかける
  • 猫がテーブルに乗った瞬間、テーブルの脚を蹴って揺らす

といった、

「飼い主がやっていると悟られない罰の与え方」を言います。

 

猫が自分の行動と“天罰”を結び付けられるよう、

猫が悪さをしたその瞬間、猫を驚かせることが重要です。

 

一度で完全に悪さをしなくなるわけではありませんが、

何度も繰り返しこのしつけを行うことで、

「○○をすると嫌なことが起こるから、もうしない」

と猫が学習してくれるはずですよ。

 

 

叩くのは厳禁だと分かった、猫のしつけ。

猫をしつけるには体罰ではなく天罰方式で、

根気よく学習させていくことが大切です。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ