【穏やかで我慢強い猫】オーストラリアンミストの性格と特徴


【穏やかで我慢強い猫】オーストラリアンミストの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はオーストラリアンミストの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

オーストラリアンミストの由来

オーストラリアンミストは、その名の通りオーストラリア原産の猫です。

1976年に地元の医師が、

斑点を持つ短毛種を作ろうとしてブリーディングを開始したのがきっかけです。

 

バーニーとアビシニアン

縞模様のイエネコを掛けあわせることで、

現在の体色のものが完成しました。

 

 

最初は「スポッテドミスト」という名前で呼ばれていたのですが、

1998年に現在のオーストラリアンミストの名前になっています。

 

日本での知名度は必ずしも高くないオーストラリアンミストなのですが、

世界的に見るとキャットショーへの参加資格を与えられていたり、

2011年にイギリスの猫種登録団体から猫種として仮認定を受けていたりするなど、

知名度はそれなりにあるようです。

スポンサーリンク

オーストラリアンミストの特徴

オーストラリアンミストの最大の特徴は、

その淡い体色だといってしまっていいでしょう。

 

淡い斑点に、さらにそれよりも淡い体色で、

まさに霧(ミスト)を羽織ったように見えます。

 

足と尻尾にも縞模様があり、

顔にも微妙なラインが入っているなど、

大理石を思わせるような体色になっています。

 

ただ、こうした体毛が完成するまでには、

生まれてから2、3年かかってしまいます。

 

サイズ的には比較的中型で、

メインクーンラグドールなどのように極端に大きくなってしまうことはありません。

 

耳の形や足の長さなども標準的で、

マンチカンのように極端に足が短いということもなく、

全体的には平均的な体形だといっていいでしょう。

 

寿命は15~19歳となっており、

純血種としては比較的長くなっているのも特徴だといっていいでしょう。

 

オーストラリアンミストの性格と飼う際の注意点

オーストラリアンミストの性格は、非常に穏やかで我慢強いということです。

 

遊んでいるときに誰かをひっかいてしまうということはまずありませんので、

小さいお子さんがいるご家庭でも、安心して飼うことが出来る猫です。

 

 

一方で非常に人懐っこく、遊び好きな性格でもあります。

スキあらば膝の上に乗っかってくるようなお茶目な一面もあったりするのです。

 

室内飼いに適した猫といえるでしょうが、我慢強いということは、

裏返せばストレスをためてしまいやすいということでもあります。

 

飼いやすいため見過ごされがちですが、

必要以上にストレスをためてしまわないように気を付けておく必要はあるでしょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ