【筋肉質で水に強い猫】イジアンの性格と特徴


【筋肉質で水に強い猫】イジアンの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はイジアンの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

イジアンの由来

イジアンはギリシャ原産の猫です。

 

現在は、ギリシャとキプロス島に住んでいることが確認されています。

 

イジアンが人間の手によってブリーディングが行われるようになったのは、

1990年代に入ってからなので、猫種としては比較的新しいものだということになります。

 

ブリーディングを行っている地元・ギリシャの猫協会ですらそうした状況なのですから、

他国の猫協会ではまだ猫種として公認していないところもあるようで、

比較的マイナーな猫種だといっていいかもしれません。

 

 

人間の手による選択繁殖が行われていない自然発生種で、

ギリシャでは現在でもネズミを捕るために飼われていることもあります。

 

一見、ありふれた猫に見えてしまうのですが、

遺伝子的には世界でも特殊な部類に入る猫種だというのですから、

猫も見かけで判断してはいけないようです。

スポンサーリンク

イジアンの特徴

イジアンは短毛種で、成猫の体重は3.5~5.5キログラムと、

日本猫に近いサイズとなっていますが、

比較的筋肉質でがっしりとした体形をしているのが特徴です。

 

胴が長めで、足先が丸みを帯びているという特徴もあります。

 

また、猫といえば水が嫌いというイメージが強いのですが、

イジアンはギリシャが海に面している国だということもあり、

比較的水に慣れているという面白い一面があります。

 

体毛のうち3分の1から半分を白が占めているのが特徴で、

それ以外の部分は黒、赤、青、クリームなどがあります。

 

三毛や牛柄などが多く、

黒や虎模様の個体は存在していません。

尻尾はまっすぐに伸びています。

 

頭は比較的幅が広いですが、どちらかというと鋭角的な感じで、

スコティッシュフォールドのような丸さはありません。

目はグリーン系で、耳は先が丸みを帯びた形をしています。

 

イジアンを飼う際の注意点

イジアンの性格は賢くて、人懐っこいのが特徴です。

例えばロシアンブルーのように、極度に人見知りすることはないでしょう。

 

それだけに環境への適応力も高く、

引っ越しなどで大きく環境が変わってもすぐに適応してくれます。

 

自然発生種のうえ、筋肉質でがっしりとした体形からも想像できるように、

虚弱体質な子はあまりいませんので、必要以上に体調に気を使う必要もないでしょう。

 

ブラッシングの方も長毛種ではないため、1日1回程度で十分です。

 

賢いだけに部屋を傷めるような悪さをすることもないでしょうから、

どちらかというとあまり手がかからないタイプの猫種に入るでしょう。

 

完全室内飼いに適している猫種だといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ