猫の下痢が治らない3つの理由と対策


猫の下痢が治らない3つの理由と対策

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

下痢は、普段通りの生活を送っていても、起り得る症状の1つです。

そして、猫の下痢が治らない場合に考えられる原因は、多々あります。

 

下痢が治らない原因を知っているのと、知らないのでは、

飼い主さんの心持も変わってくる事でしょう。

 

今回は、主な下痢の原因をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

猫の下痢が治らない理由1:キャットフードが体質に合わない

キャットフードが体質に合わない場合、

2つの可能性が考えられます。

 

1.体調不良による下痢

体調不良の為、普段食べているキャットフードを

食べられなくなっている可能性です。

 

この場合、消化不良や腸の乱れが考えられます。

 

その為、消化吸収の良いキャットフードに

切り替える事をオススメします。

 

この種類のキャットフードは、療法食の為、

獣医師の指導の下、与えると良いでしょう。

 

また、この期間中は、

「おやつ」「手作り料理」等、

療法食以外の食べ物は与えない方が、治りが早いです。

 

食物アレルギーにより下痢

与えている「キャットフード」「手料理」の中に、

その猫がアレルギー反応を起こす食材が、混入している可能性が大きいです。

 

また、猫がアレルギー反応を起こすキャットフードの中には、

穀物をメインに作られている物があります。

 

その為、「穀物不使用(グルテンフリー)」のキャットフードに切り替えると、

治まらなかった下痢が、改善される事が多々あります。

→グルテンフリーのキャットフードについてはこちらの記事を参照!

 

猫の下痢が治らない理由2:ストレスによる下痢

ストレスが原因で、下痢が治らない事があります。

ここでは、猫がストレスと感じる事柄をご紹介致します。

 

1.引越し

引越しは猫にとって大きなストレスです。

特に、放し飼いをされていた猫は、

外に自分の世界(「テリトリー」「餌場」「親類」等)があります。

 

それを、ある日突然、違う場所に連れて行かれたのでは、

ライフスタイルが変わってしまいます。

 

その為、慣れ親しんだ土地に帰ろうとする猫がいるのです。

 

この場合、猫を家から出さず、

慣れ親しんだ「ベッド」「おもちゃ」等で猫を囲い、

猫を安心させてあげる事が良いでしょう。

 

2.病院

通院がストレスと感じる猫は多いです。

 

  • キャリーバッグに入りたくない
  • 注射が嫌い
  • 家とは違う環境が怖い

等、その理由は様々です。

 

この場合、往診を受ける事が、一番無難ではないでしょうか。

 

 

筆者の飼い猫は、

病院嫌いであり、獣医師が触ろうとすると

「噛む」「引掻く」「暴れる」「シャーッ!と鳴く」等、

興奮してしまいます。

 

飼い猫が行く動物病院には、

たまたま、注射や診察に優れた院長がいる為、

事無きを得ていますが・・・。

 

帰郷した際には、優れた獣医師が見たらず、

最悪の場合、往診して頂いています。

 

感染症による下痢

「ウイルス」「寄生虫」に感染している場合、

下痢となり、放置していては治りません。

 

また、感染症の場合、

飼い主さんが自力で発見する事はかなり難しいです。

 

主な症状は、

  • 下痢 の他に、
  • 嘔吐
  • 食欲低下
  • 体調不良

等、人間が体調不良の時と、同じ様な状態が見られます。

 

これらの症状が見られた場合、

直ちに動物病院へ連れていき、

検査を受ける事をオススメします。

 

また、多頭飼いをされている場合、

他の猫にも感染してしまっている可能性がある為、

一緒に連れていけると、なお良いでしょう。

 

 

治療法は、主に「抗生物質」を飲ませます。

抗生物質は、善い菌と悪い菌、共に殺してしまう為、

下痢を繰り返す場合があります。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ