【首輪を嫌がる猫】ほかの楽しみに目を向けて徐々に慣らそう!


【首輪を嫌がる猫】ほかの楽しみに目を向けて徐々に慣らそう!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫に首輪をつけたいけど、

嫌がって暴れたり下あごを入れてしまったりしてなかなか慣れてくれない・・・。」

 

そんな悩みをお持ちの飼い主さんも多いようです。

 

今回は、首輪を嫌がる猫に慣れてもらうための方法を、

首輪のメリット猫にとっての快適な首輪について触れながら、

お話しをしていきます。

スポンサーリンク

 

首輪を嫌がる猫にもつけた方がいい?

嫌がってなかなか首輪をつけさせてくれない猫。

それでもつけた方がいいのでしょうか?

そのような疑問を持つ方も多いかもしれません。

 

そのとき考えたいことは、

首輪をつけているとどのようなメリットがあるかということです。

 

首輪にはいろいろなデザインがありますので

「つけてあげるとかわいい!」ということもありますが、

何よりのメリットは、もし室内から出てしまった場合、

野良猫と飼い猫の区別ができるという役割が、あることです。

 

飼われていることがわかれば、

保健所などに連れて行かれる心配はぐんと減ります。

 

 

また、首輪には飼い主さんの情報をつけることもできます。

迷子札がつけられていれば、家に戻ってくる可能性も高くなります。

もし首輪に鈴がついていれば、猫の居場所もわかります。

 

絶対に室内から出さなくても、万が一の災害の備えにもなります。

 

首輪にはこのような役割がありますが、

だからといって首輪を嫌がる猫に無理やりつけることはストレスになります。

 

では、どのようにすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

猫が首輪を嫌がる原因を見つける

猫が首輪を嫌がるときには、その原因を探ってみましょう。

 

違和感を覚える

首輪は、子猫のときにつけた方が早く慣れるといわれています。

 

子猫がみなすんなりつけさせてくれるわけではありませんが、

成猫より馴染むまでも時間がかからない場合が多いです。

 

それは、成猫は長い間首に何もつけずに生活しているかです。

急に首輪をつけられれば、かなりの違和感を覚えても不思議はありません。

 

素材が合っているか

首輪を嫌がる猫に、幅広の頑丈な首をつけてはなおさら嫌いになってしまいます。

また皮膚が弱い猫もいますので、

猫が首輪を嫌がるときには素材にも目を向けてみてください。

 

特にはじめは、柔らかくて軽い素材がおすすめです。

 

既成の首輪だけでなく、髪の毛に留めるゴムやシュシュなどを利用してもよいでしょう。

 

首輪についた鈴などのアクセサリーを気にする猫もいますので、

慣れるまではつけないようにしましょう。

 

大きさが合っているか

猫が、首輪が気になって何とかしたいと口で触ろうとして、

下あごを入れてさるぐつわ状態になったり、

暴れているうちにたすきがけになる場合もあります。

 

とても危険ですので気を付けなければならないことですが、

そのような場合は、首輪のサイズが大きすぎることが考えられます。

 

ちょうどいいサイズは、人間の指が2,3本入る大きさといわれています。

 

猫の被毛の長さによっても加減は変わります。

 

猫の様子を見ながら、

ゆる過ぎず、きつすぎない大きさを見つけてあげましょう。

 

猫が首輪を嫌がったときには、まずその原因を探ることからはじめてみましょう。

 

首輪に徐々に慣らして楽しいことに目を向けさせる

では、首輪に慣れてもらうにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

徐々に慣らす

猫が首輪を嫌がる原因がわかったら、

次は首輪に慣れてもらうことが必要になってきます。

 

今まで何もついていなかった首ですが、

首輪が付いていても当たり前になってもらわなければなりません。

 

首輪に慣らすには、はじめ短い時間だけつけて様子と見るといったように、

少しずつ慣らしてあげることが大事です。

 

2~30分くらいつけて外して、少し時間を置いて、

さらに2~30分つけるといったことを繰り返し行ってみましょう。

 

そして、つける時間を徐々に延ばしていきます。

 

ほかのこと興味を向ける

首輪をつけているときは、おもちゃで遊んであげるなどして、

猫の興味をほかの楽しいことに向けてあげましょう。

 

わずかでもつけている首輪のことが気にならない時間を、

作ってあげることが大切です。

 

それを繰り返してあげれば、少しずつ慣れていきます。

 

慣れるまでの期間は猫によって異なりますので、

2,3日かからない猫もいれば、もっとかかることもあります。

 

これさえすれば絶対という方法はありませんが、

つけていることが気にならないように、

猫の興味を楽しいことに向けて、

気を紛らわしてあげることがコツのようなものといえます。

 

猫に首輪を付けたときは、飼い主さんも一緒に遊びを楽しんでください。

 

 

猫が首輪を嫌がったとき、

まず嫌がる原因を取り除いてから、徐々に慣らしてあげてください。

慣れるまでの時間は個体差がありますが、

飼い主さんが猫の気を紛らわしてあげながらじっくり付き合ってあげてください。

 

首輪に慣れてからもしばらくの間は、危険がないか様子を見てあげましょう。

 

首輪をつけても今までどおり快適に過ごせるよう見守ってあげてください!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ