【活動的でカールした被毛】アメリカンワイヤーヘアの性格と特徴


アメリカンワイヤーヘアの性格と特徴がこれを読めば納得!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

日本ではまだ数少ないアメリカンワイヤーヘアの、

通称「アメリカンワイヤー」は、

普通の猫には見かけることがない被毛に特徴がある珍しい猫です。

 

アメリカンショートヘアの血筋を受け継いでいるその性格や特徴について、

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

アメリカンワイヤーヘアの起源

日本ではあまり見慣れないアメリカンワイヤーヘアですが、

そのルーツをたどると「アダム」という1匹の猫の名前がでてきます。

 

アダムこそ、いま世界中にいる

アメリカンワイヤーヘアの先祖にあたる最初の1匹で、

生まれはニューヨークのヴェローナの農場。

 

その農場で飼っていたアメリカンショートヘアが産んだにも関わらず、

中に1匹だけ突然変異からできた赤毛の混った、

ゴワゴワした硬い縮れ毛の子猫がいました。

 

この子猫を引き取ったのが、

独特の巻き毛を持つレックスという猫種のブリーダーでした。

 

引き取った子猫を元に様々な交配を試した結果、

アメリカンショートヘアとの間に誕生したのが、

アメリカンワイヤーヘアになります。

 

その後、ドイツやカナダなどで人気を集めたそうです。

スポンサーリンク

アメリカンワイヤーヘアの性格

性格はアメリカンショートヘアによく似て、

好奇心旺盛で人懐っこいので、

人から構われたり遊び相手になってあげると、とても喜びます。

 

このような活動的な性格は歳をとっても変わらない猫もいるようです。

 

 

その一方で、警戒心が強いので

自分以外の猫やその他の動物には攻撃的ともとれる

威圧感をあらわにして寄せ付けないため、

他の猫やペットとの飼育には向いてません

 

また、猫特有のわがままな所や自立心もあわせ持っているため、

愛情をそそいで溺愛する飼い主にとっては、

振り回されたり寂しい思いをすることがあるかもしれません。

 

追いまわしたり、しつこくかまいたがる子供などには、

あまり近寄らず遠巻きに見るアメリカンワイヤーヘアもいるようです。

 

体の特徴と注意したい病気

名前の通り一番の特徴は、

耳の裏側の毛やひげの1本1本までが硬く縮れたり、

毛先が曲ったり、カギ状やカールした被毛になっています。

 

標準体重は3kg~6kg程で中型から大型のセミコビーで程よい筋肉質の首と、

ちょっぴり胴長の体に長めの尻尾を持っています。

 

顔つきは、丸い目が少しつり気味でシャープな印象を受けます。

 

若い頃は運動量が多いのですが、

中高齢に差しかかってくると運動量が落ち太りやすくなるので、

糖尿病、消化器疾患、心臓疾患などに注意するとともに、

食事の管理には気をつけましょう。

 

高齢になると猫がかかりやすいとされる膀胱炎、腎不全、尿結石には、

特に注意をすることと、

これらの症状には多飲多尿がみられますので、

普段から尿の量には飼い主の方で注意しておいて下さい。

 

アメリカンワイヤーヘアには皮膚の脂性が強い猫もいますので、

ャンプー

蒸しタオルで体を拭いてあげるなどして、

雑菌が繁殖するのを防いで皮膚病を予防しましょう。

 

シャンプー嫌いな猫は大変です、なるべく子猫の頃からシャンプーを習慣にましょう。

 

また、1日に1回のブラッシングやコーミングで、硬い縮れ毛が胃や腸など、

消化器官内に溜まるのを抑え、

毛玉症を防ぐことができますので普段の簡単なお手入れで、

大事な愛猫を守ることができます。

 

アメリカンワイヤーヘアの食事

活発に動き回ることが好きで筋肉質な割りに太りやすい体質なので、

カロリーを控え目にした、

高タンパクな猫専用のキャットフードなどの食事を心掛けましょう。

 

ただ、アメリカンワイヤーヘアはどちらかと言うと飽きっぽい性格なので、

ずっと同じ物を食べ続けるタイプではないようです。

 

出来ればドライタイプとウェットタイプの両方のキャットフードを用意して、

食べ方や好みを観察して、与え方を工夫してみましょう。

 

そして人間と同様に猫たちも、年齢と共に歯や内臓の働きが衰えてきますので、

食べる楽しみがあるということは健康で長生きにもつながりますので、

特に中年以降の食事の栄養面や硬さなどの食べやすさには気を付けてあげたいものです。

 

また、オス猫は水分を良く取った方が良いのですが、

あまり飲まない猫には、フードと一緒に水を少し入れて混ぜるなどして

水分が摂れるように工夫してみましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ