猫のおもちゃを手作りしたい!簡単な方法は?


猫のおもちゃを手作りしたい!簡単な方法は?

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫ちゃんのおもちゃっていっぱい売ってますよね。

 

でも「せっかく買ったのにぜんぜん遊んでくれない!」

ってこと、ありませんか?

 

猫ちゃんに遊んでもらうために、いろいろ試すにもお金が・・・

 

そんな時は手作りのおもちゃがおすすめです。

お金も掛からず簡単に作れますよ!

スポンサーリンク

 

猫のおもちゃ

猫ちゃんのおもちゃといえば、

ねこじゃらしやキャットタワー、トンネル、ねずみの形のおもちゃが思い浮かびます。

 

全てのおもちゃが、

何かしら猫ちゃんの本能を刺激するように作られています。

 

例えば、ねこじゃらしやネズミのおもちゃは、

猫ちゃんの狩猟本能を上手く利用されています。

 

ですが、猫ちゃんは飽きっぽいのですごく夢中になって遊んでいたおもちゃも、

しばらくしたら見向きもしなくなったりすることがあります。

 

できるだけ新しいおもちゃで遊んで、

新鮮な刺激を与えてあげることでストレスの解消にもなります。

 

でも・・・そんなにしょっちゅう新しいおもちゃなんて買えませんよね。

ひどいときは1度でボロボロになってしまうこともあるんじゃないでしょうか?

 

そんな時、おもちゃを手作りするというのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

猫のおもちゃを手作りするときは・・・

猫ちゃんのおもちゃを簡単に手作りできたら、

お財布にうれしいですし、猫ちゃんもうれしいですね。

 

大きく言ってしまうと、猫にとっては何でもおもちゃになります

 

うちの猫ちゃんの場合は、

落ちていた洗濯バサミやプチトマトにじゃれついていました。

(でも、トマトは食べてしまったら危険な場合もあるので、

本当は遊ばせない方がいいですよ!)

 

手作りおもちゃは素材にも気を付けましょう

ビー玉やパチンコ玉などは小さいため、

誤って飲み込んでしまう場合があるので、使いません。

 

そして猫ちゃんは人間よりも認識できる色が少ないので、

カラフルにしたからといって遊んでくれません

 

色については、白・黒・グレーなどで問題ありません。

光る素材なども反応がよくなります。

猫ちゃんの好みに合わせて作れるところが、手作りおもちゃのいいところです。

 

布を使って猫のおもちゃを簡単手作り!!

テトラ(まきびし)

『テトラ』って知っていますか?

またの名前を「まきびし」と呼ばれるおもちゃです。

その名のとおりテトラパックの形をした布のおもちゃです。

 

【材料】
  1. 5×10cmの端切れ
  2. わた
  3. 綿製のひも
  4. 裁縫道具

 

【作り方】
  1. 端切れを表側が中になるように半分に折り、両サイドを縫う
  2. 表に返して、わたをつめる
  3. テトラ型にする
  4. 紐を挟み込んで、口を縫う

 

猫ちゃんがくわえたり、転がしたりして遊ぶと評判のおもちゃだそうです。

 

軍手ねずみ

もう一つご紹介するのは、『軍手ねずみ』です。

こちらはテトラよりも簡単です。

【材料】
  1. 軍手
  2. わた
  3. 紐(あれば本革)
  4. 裁縫道具
【作り方】
  1. 軍手の指のところを切り落とす。(これが本体)
  2. わたを詰める
  3. 口に紐を挟んでぐし縫い(なみ縫い)をして閉じる。

これだけで、ちゃんとしたねずみの形になります。

 

もっと簡単!?手作りおもちゃ

もっと簡単な猫ちゃんのおもちゃをご紹介します。

  • チラシやアルミホイルを丸めてボールにする
  • チラシを棒状に長く巻き付けて、先を少しつぶす
  • 梱包用のナイロン紐の先を20cm程残して数回結び、結び目から先を手で裂いて房状にする
  • 毛糸でポンポンを作り、それに鈴をつける
  • 段ボールに猫ちゃんの手が少し入るぐらいの穴をいくつか開けたり、猫ちゃんが中に入れるくらいの穴をあける
  • 綿で出来た紐などの先を結び、それをくわえこむように洗濯バサミを挟む
  • トイレットペーパーの芯を1cm幅に輪切りにして、それを組み合わせてボールにする
  • あかちゃん用の靴下に綿を詰めて、口をくくる

 

全部すごく簡単そうでしょう?いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

猫ちゃんの好みの遊びがきっと見つかりますよ。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ