【かわいい猫の首輪!】チロリアンテープを使った簡単な作り方


【かわいい猫の首輪!】チロリアンテープを使った簡単な作り方

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

 

「愛猫の首輪を手作りしたい!」

と、思う飼い主さんは多いのではないでしょうか?

 

でも、初めて作るときはどんなものを作っていいか、悩んでしまいますよね。

 

シンプルなものから凝ったものまでさまざまなデザインがありますが、

今回はチロリアンテープを使って簡単に作れる首輪の作り方を、ご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫の首輪を作る準備

チロリアンテープは、

リボン自体にかわいい刺繍が施されていて柄などの種類も多く、

アイロンで折らなくてもそのまま使えるところが便利です。

 

セーフティープラスチックバックル

を使って、引っかかったときに外れる首輪を作ってみましょう。

では、猫の首輪を手作りするための準備からお話ししていきます。

 

首輪のサイズを割り出す

猫の首輪のサイズを決めるには、

首のヌードサイズ(首にフィットしたサイズ)を測ります。

 

猫の首の一番細いところを、

ゆるみが出ないように巻き付けて測ってみてください。

 

首輪の実際の長さは、

成猫の場合は、「ヌードサイズ + 4~5センチほど」

子猫は、「ヌードサイズ + 1~3センチほど」になります。

 

用意するもの

用意するものは、細かいパーツなどいろいろありますが、

ネットや100均などにもありますので、楽しみながら探してみてください!

 

チロリアンテープ

幅10ミリ 長さは調節できるように、

首回り + 4~5センチ(成猫) + 長さ調節分 = 実際に作る長さになります。

 

35センチ~40センチくらいが一般的かと思いますが、

紐を使って折り曲げて試してみてください。

 

※チロリアンテープは、50センチや1メートル単位、

あるいは1巻きで売られている場合が多いです。

 

グログランテープ

チロリアンテープと同じ幅か、1,2ミリ狭いもの。

長さはチロリアンテープより2センチほど短く切ります。

 

アイロン接着両面テープ

チロリアンテープと同じ幅か少し狭いもの。

 

長さはチロリアンテープと同じです。

 

アイロン&ミシン&裁縫道具一式

 

【首輪パーツ】

  • ☆セーフティープラスチックバックル……10ミリ
  • ☆テープアジャスターコキ(長さ調整のバックル)……10ミリ
  • ☆サルカン(首輪をバックルに通したあとに、遊びが邪魔にならないように止めておくもの)……10ミリ
  • ☆Dカン……出来上がってから鈴や迷子札がつけられますので
    お好みでご用意ください

 

重要!

チロリアンテープ・グログランテープは縮み防止のために、

水通し(30分から1時間程水につける)をして、

半乾きの状態でアイロンを当てて形を整えてください。

 

※チロリアンテープは水通しすることで

目が詰まってより美しい刺繍になります。

スポンサーリンク

チロリアンテープを使った首輪の作り方

では早速作ってみましょう!

 

1.両面接着テープ

チロリアンテープの裏面端から端までアイロンで接着します。

2.両面接着テープのはく離紙をはがします。

3.グログランテープチロリアンテープ端から1cm控えてアイロンで接着します。

4.チロリアンテープの両端を折ってミシンで縫ってから、

両側の長い辺のきわにミシンをかけます。

※両面接着テープを使わない場合は、しつけをしてからミシンをかけてください。

※「4」の糸の色は、お好みでチロリアンテープの地色や柄の中の一色、

あるいは透明ミシン糸がおすすめです。

※ミシンをお持ちでない場合は、上記糸で半返しかまつり縫いでチクチク縫いましょう。

5.テープの片方の端に、裏側からテープアジャスターコキを通します。

※真ん中の棒を包むように通して、折り返したところをミシンで縫います。

両端を返し縫いでしっかり縫いましょう

6.もう一方のテープの端から

セーフティープラスチックバックル片割れを通します。

※バックルはどちらでも大丈夫です。

7.そのままテープの端を、

先ほどのテープアジャスターコキの下から通して

さらに続けてもう一つの穴に通します。

※ベルトをするときの要領です。

※これで、首輪の長さの調整ができるようになりました。

8.次にDカンやお好みでアクセサリーなどを通しておきます。

9.最後に、セーフティープラスチックバックルの残った片割れを通して

テープを折り返して縫います。

 

首輪が完成しました!!

 

猫の首輪作りで知っていると便利なこと

次に知っておくと便利なことをいくつかお話ししますね。

 

バックルやDカンなどについて

今回はどこかに引っかかったときに外れやすい

セーフティープラスチックバックルを使いましたが、

外出の時だけ使いたい場合は、逆にはずれると困ります。

 

その場合は普通のバックルを使ってください。

 

またDカンやその他飾りとして入れたいものがあるときは、

重さと幅に気を付けてください。

 

子猫の場合

体が小さい子猫の場合はできるだけ軽い首輪を作ってあげたいので、

長さ調整のバックルを使わないで、

そのときの子猫に合った長さで、

折り返しを少し多めにとって縫ってあげることもおすすめです。

 

ただ、成長が早いので何度か直す必要があります。

 

布地を使って作る場合のアイロンかけ

今回は手間を省くためにチロリアンテープを使いましたが、

この要領でさまざまな素材を使って作ることができます。

 

カットした布地で作る場合は、両端(長い辺)をアイロンで折る必要があります。

そのとき、厚紙(ボール紙など)を首輪のできあがり寸法の幅に切ってください。

 

長さはずらしながら使えますので、とれるだけで大丈夫です。

布地にアイロンで折り目をつけるとき、

チャコなどで印をつけたところに合わせて厚紙を乗せて、

厚紙に合わせて布地を降りながらアイロンをかけるととても楽です。

 

 

チロリアンテープを使った猫の首輪の作り方はいかがでしたでしょうか?

 

あまり裁縫をしたことがない方でもそれほど難しくなく作れると思います。

一度作って要領を覚えてしまえば、他の材料を使った首輪も応用できますし、

新たな発想も浮かんでくると思います。

 

ぜひ安全で軽くてかわいい首輪を作ってあげてください!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ