猫が朝からくしゃみをする原因は?気をつけたい5つの病気



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

通常では単なる生理現象である、猫のくしゃみ。

 

しかし、猫が朝からくしゃみを連発しているという場合には、

その体に何らかの異常が起こっている可能性があります。

 

今回は、猫のくしゃみを引き起こす5つの病気について、

その症状を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

正常なくしゃみと異常なくしゃみ、どう見分ける?

猫のくしゃみが気になったとき、

心配なのはそれが普通のものなのか、

それとも病気によるものなのかということですよね。

 

まずは、猫のくしゃみについて、

正常と異常の見分け方を紹介していきます。

 

 

猫も人間と同じように、鼻がムズムズすればくしゃみをします。

そのため、猫がときどき、何回かだけくしゃみをする場合は、

ただの生理現象と見なして問題ありません。

 

しかし、猫のくしゃみが朝から止まらず、

何日も続くという場合には、

猫が何らかの病気にかかっている可能性があります。

 

  • 猫がくしゃみを連発する
  • いつもより元気がない
  • 鼻水や目やにといった症状が見られる
  • 発熱がある

 

こういった症状が出ているときは、

信頼できる獣医師の診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

猫が朝からくしゃみを連発……考えられる原因は?

では、具体的にはどんな病気が原因で、

猫がくしゃみを繰り返すようになるのでしょうか?

 

ここでは、考えられる5つの病気について、

その症状を詳しく解説していきます。

 

1.猫風邪

猫カリシウイルス感染症や

猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)、

猫クラミジア感染症といった

いわゆる猫風邪にかかったことが原因で、

猫がくしゃみをするようになることがあります。

 

目やにを伴う結膜炎や角膜炎、口内炎や舌炎などの口腔の異常、

無色~緑色の鼻水といった症状が合わせて見られるのが特徴です。

 

2.鼻炎・副鼻腔炎

何らかのウイルスや真菌、細菌に感染したことによって

鼻炎や副鼻腔炎が起こると、猫がくしゃみを連発するようになります。

 

場合によっては鼻筋のあたりが腫れ上がり

猫が痛がる様子を見せることも。

 

ペルシャやヒマラヤンといった短頭種の猫は、

特にこれらの炎症を起こしやすいため、

飼い主にもいっそうの注意が必要となってきます。

 

3.花粉症

近年では、猫も花粉症を発症することが分かっています。

 

花粉症になった猫には、人間と同様に

くしゃみや鼻水、目の痒みといった症状が現れるほか、

肌にブツブツと発疹が出来るケースも。

 

猫のくしゃみが春や秋といった花粉のシーズンに起こる場合は、

花粉症を疑うようにしてください。

 

4.扁平上皮ガン(へんぺいじょうひがん)

扁平上皮ガンが鼻の表面に発生すると、

猫がくしゃみを繰り返すようになると言われています。

 

くしゃみ以外の症状としては、鼻血が出たり、

かさぶたのようなできものが鼻に出来たりすることも。

 

紫外線との関連が指摘されているため、

日焼けに弱い白っぽい被毛の猫では、特に注意が必要な病気です。

 

5.クリプトコッカス症

主にハトの糞から感染する、真菌が原因の感染症です。

 

感染するとくしゃみや鼻水、鼻血といった症状が見られるほかに、

場合によっては髄膜炎脳炎といった

重篤な病気が引き起こされることも。

 

鳥の糞で汚染された場所には、猫を放さないことが大切です。

 

 

実はさまざまな病気の表れだった、猫のくしゃみ。

猫が朝からくしゃみを連発しているという場合には、

早急に動物病院へ連れて行くようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ