【○○するだけ!?】簡単なダンボール爪とぎの作り方3選


【巻くだけ!】簡単なダンボール爪とぎの作り方3選

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「爪とぎ」と言えば、

ダンボールにオシャレなシールやイラスト等が

添えられている物をよく目にします。

 

しかし、見た目を気にしないのであれば、

手作りでも十分に爪とぎの役割を果たしてくれる物は作れます。

 

今回は、「○○するだけで」作れる、簡単な爪とぎの作り方ご紹介致します。

スポンサーリンク

 

丸めるだけ!?簡単ダンボールの爪とぎの作り方

 

用意する物

細長いダンボール

→鏡や家具などを購入した際、

割れや壊れを防止する為に、同梱されている細長いダンボールがオススメです。

また、スーパー等で貰えるダンボールをお好みの長さ・幅に切っても使えます。

ボンド、または、ガムテープ

→ダンボール同士を接着する為に使用します。

 

作り方

1. 用意した細いダンボールの端、一方をを中心とし、クルクルと巻きます。

その際、ダンボール同士が接する部分に接着剤を付けて下さい。

これをする事により、頑丈な爪とぎになります。

接着剤が無い場合は、不要です。

2. 最後まで巻き終えたら、

   もう一方の端がダンボールと接する面にボンドを付け、完成です。

側面にマスキングテープを貼るとオシャレです。

 

作業後の感想

1回目の作成にて、作業1での、接着作業を怠りました。

すると、ダンボールは簡単に解けてしまいました。

2回目の作成では、

5分程で完成したので、作ってあげる事が負担になりませんでした。

スポンサーリンク

束ねるだけ!?簡単ダンボール爪とぎの作り方

 

用意する物

ダンボール

→複数用意して下さい。

梱包テープ

ボンド

 

作り方

1. ダンボールを好みのサイズに複数枚切って下さい。

オススメは長さ50㎝、幅3㎝を30枚です。

2. 切り終えたダンボールを1枚ずつボンドで接着して下さい。

これで作業を終了しても、爪とぎとして使えます。

3. 最後に、ダンボールの両端を梱包テープで止めます。

これをする事により、少量のボンドでも崩れにくくなります。

 

製作後の感想

ダンボールを複数枚切るのは、時間を要する作業でした。

 

休日や時間を持て余している時ならば、暇つぶしとして作業出来ますが、

忙しい時間には不向きでした。

ただ、一番頑丈で低コストで作れるのは、このタイプの爪とぎです。

 

巻くだけ!?簡単ダンボール爪とぎの作り方

 

用意する物

・空き箱

→できれば、ダンボール製の物が良いです。

頑丈な為、猫が爪とぎをする際、壊れにくいです。

・ガムテープ

・麻紐

 

作り方

1. 空き箱のケース部分、上3㎝程の所に麻紐が通る位の穴を開けます。

2. 1で開けた穴に麻紐を通し、

   ケース部分の内側に通した麻紐をガムテープでしっかりと、とめます。

3. 2と反対側の麻紐は、箱にクルクルと巻いていきます。

4. ケース部分、下3㎝程の所で巻くのを止め、

   箱に巻きつけた麻紐と端の麻紐を結びます。

5. 最後に、空き箱の蓋部分にケース部分をはめ込みます。

 

 

製作後の感想

麻紐の巻きが緩く、直ぐに壊れてしまいました。

 

また、柔らかい紙製の空き箱では、

猫の体重に箱が負けてしまい、爪とぎが潰れてしまいました。

 

小さくても、硬めの箱で作ってあげたら喜んで使ってくれました。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ