【ブラックパンサーのような猫】ボンベイの性格と特徴


【ブラックパンサーのような猫】ボンベイの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はボンベイの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ボンベイの由来

ボンベイの歴史は1950年代のアメリカは、ケンタッキー州にまでさかのぼります。

 

ブリーダーであるホーナー氏が、

『ブラックパンサーのように野性的で、つややかな被毛をもつ猫をつくりだしたい!』

と思い立ったところから始まったのです。

 

ホーナー氏は、バーミーズとアメリカンショートヘアを交配し、

さまざまな試行錯誤をつづけながら開発に専念します。

 

 

やがて1958年に、セーブルのバーミーズとブラックのアメリカンショートヘアの血による、

ワイルドさにあふれたブラックパンサーのような黒猫を完成させることに成功しました。

 

この品種は1976年にアメリカの一部の団体で公認を受けるまでに至ります。

 

ボンベイという名前の由来は、

ブラックパンサーの生息地であるインドの地名からだと言われています。

スポンサーリンク

ボンベイの性格と特徴

ボンベイの特徴は、黒猫そのものといった印象の猫です。

ソリッドブラックの被毛は、シルクサテンのようなつややかさと輝きをおびています。

 

遺伝子の影響で、生まれてすぐは被毛の色が明るめで、

アメリカンショートヘアーのようなタビー模様が見られることもしばしばありますが、

成長するにつれて漆黒の被毛にかわります。

 

なめらかな手触りで光沢のある黒はまさにブラックパンサーのようです。

 

丸くて大きな目はやや離れています。カラーはゴールドかカッパーです。

丸みのある体型はがっしりしており、筋肉質です。

 

俊敏性の高い動きから“ミニブラックパンサー”と呼ばれることもあります。

 

神秘的で表情が読みにくいように思われますが、

好奇心旺盛で遊び好きな性格といわれています。

 

ボンベイを飼う際の注意点

敏捷性が高く、運動が大好きなため、

充分に身体を動かせるスペースを用意してあげることが大切です。

 

できれば、縦の運動が日常的におこなえるように、

キャットタワーなどを設置してあげると運動不足解消に効果的です。

 

タワーを置くスペースがないのでしたら、

本棚を階段上に置くなど、家具の設置で工夫することも可能です。

 

その運動量にあわせて、

食事も栄養価の高いものをたっぷりとあたえてあげましょう。

 

グルーミングは、一日一回の軽いブラッシングで充分です。

衛生面を考えたら必要ないかもしれませんが、

飼い主と猫とのコミュニケーションの時間として有用なものです。

 

シャンプーは不要かもしれません。

気になるようでしたら月に一回程度なら問題ないでしょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ