猫に正しい足の爪とぎ場所を覚えさせるには?


猫に正しい足の爪とぎ場所を覚えさせるには?

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫にとって、足の爪とぎは本能です。

食事と同じぐらい大切で自然なことですので、

「やめなさい!」と言ってやめてくれるような事ではありません。

 

ちょっと視点を変えて、爪とぎを止めさせるのではなく、

いかに爪をといではいけない場所を覚えてもらうかについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

猫が家具やカーテンで爪をといでしまうので困ってる…

上でも述べたとおり、

爪とぎは猫ちゃんにとって本能に組み込まれた自然で大切な行為です。

 

野生の名残りなのですから、

止めさせようと思っても止めさせられるものではありません。

 

爪をとぐ事によって、爪周囲の臭腺から匂いが出るので、

家具やカーテンのような柔らかいものを爪とぎに使っている場合は、

自分のものであると匂いをつけてマーキングしているのかもしれません。

 

 

根気のいる作業ですが、爪をといではいけない場所で爪をといだら、

すかさず猫用爪とぎを与えて猫用の爪とぎで爪をとぐように教えたり、

猫の嫌がる匂いの出るスプレー等があるのでそれを使ってみるのも一案です。

 

どうしても爪とぎじゃなく家具や壁で爪をとぐ場合は、

前に障害物を置いたり、壁に貼るタイプの保護シートがあるので、

それを利用してみましょう。

 

あとは被害を抑えるためにも、爪を切っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

猫が好む爪とぎ素材や場所はあるのでしょうか?

猫ちゃんが好む爪とぎ素材は、やはりとぎ甲斐のあるものでしょう、

適度に爪がひっかかり音がするものがお好みです。

 

あとは身体を伸ばすためにも爪とぎをするといわれているので、

ある程度の高さがあり、

体重をかけても倒れたりしない安定感のある丈夫なものです。

 

あとは、目立つものや、人が集まっている場所だったり、

人や他の猫から見えるところですね。

 

なぜなら、爪とぎは猫ちゃんにとって、

自分の存在を示すパフォーマンスでもあるからです。

 

爪とぎは色々な素材や形があるので、

「どんなものが好きなのか?」色々試してみると良いでしょう。

 

はじめは、またたび等の猫の好きな匂いがついているものが良いと思います。

木の素材のものでしたら、節目が縦方向のものの方が良いそうです。

(柱も節目が縦なので、ねこちゃん好きですよね)

 

猫に爪をとぐ場所を覚えさせる方法

家具やカーテン、壁をボロボロにされたら大変です。

なんとか被害を少なくしたいものです。

そこで、猫ちゃんに爪をといではいけない場所を覚えてもらうことにしましょう。

猫は人間の言うことを聞かないと思っている人は多いですが、

そんなことはありません。

 

根気はいりますが、言葉は通じなくても、ちゃんとわかってくれます。

 

まず、といではいけないものや場所で爪とぎを始めたら、

すかさず爪とぎを与えましょう。

 

またたびの匂い等をつけておけば、爪とぎに興味が移りやすくなるのでお勧めです。

(中にはまたたびに興味を示さない子も居ますが、、、)

 

この時に怒りながら爪とぎを与えたりしないで下さい。

猫ちゃんが混乱してしまいます。

 

といではいけないところで爪をといだら、

そこは叱り、与えた爪とぎで爪をといだらほめてあげると良いでしょう。

 

これを何度か繰り返せば、

猫は「ここでとぐと怒られるにゃ」と学習してくれるはずです。

 

根気強く頑張ってみてください。

それと同時に、猫ちゃんに爪をといで欲しくないもの、

場所にはスプレーをかけたり、障害物を置いたりと工夫もしてみましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ