【迷い猫になったときのために】書いておきたい首輪の住所!


【迷い猫になったときのために】書いておきたい首輪の住所!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

迷い猫にとって、

首輪に書かれた飼い主さんの情報はとても役に立ちます。

 

もし住所も記載されていれば、

保護した方が家まで連れてきてくれるかもしれません。

 

でもいざ住所を確かめようと思ったとき、

滲んだり擦れたりしていては役に立ちません。

そのようなそんなときのために、住所を首輪に書く方法についてお話します。

スポンサーリンク

 

首輪に書く住所は猫のため!

首輪にはさまざまな役割がありますが、

特に、家猫が間違って外に出てしまって迷い猫になったときの役割は大きいです。

 

首輪をつけていれば、飼い猫の判断ができます。

 

さらに首輪に飼い主さんの情報が記載されていれば、

猫が家に戻って来る確率がぐんと高くなります。

 

 

ですが、そのとき考えてしまうことが住所の記載です。

ご自分の家がわかってしまうということで

不安を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もし飼い猫が、心ない人に保護された場合を考えると、

心配になってしまうことも無理はないことかもしれません。

 

でも、ここでちょっと考えてみましょう。

 

個人情報を書くことは確かに心配ですが、

猫の首輪に住所を書く目的は、万が一猫が迷ってしまったときのためにあります。

 

住所は飼い主さんにとって大事な個人情報ですが、書かれていることで

猫が家に戻って来る可能性は高くなり、猫と飼い主さんの幸せにつながります。

 

もし近隣の方が保護してくだされば、直接連れてきてもらえるかもしれません。

愛猫のことは心配だけど個人情報も心配と悩んだときには、

そのあたりのことをもう一度考えてみてください。

 

 

そして、いざ住所を書く段階になったときに悩むところがあります。

首輪のどこにどのように書けばいいかということです。

住所は飼い主さんの情報の中でも一番長いものです。

 

首輪のどこに書こうかと考えたとき、

名札のようにぶらさげる方法直接首輪に書くという二通りが思い浮かぶでしょう。

では、それぞれのお話をしていきます。

スポンサーリンク

迷子札を活用する

迷子札としてショップで色々なタイプのものが売られています。

 

猫の大きさや性格に合ったものを探してみてください。

店に頼んで札に情報を刻印してもらうこともできます。

 

 

また、キーホルダーのようなキットとして売られているものや、

手作りの名札にご自分で書くこともおすすめです。

さらに耐水性のあるラベルシールに印刷をして貼ることもできます。

 

 

ただ猫の性格によっては、

首輪に札がぶらさがっているのを嫌がる場合もあります。

そのようなときには、首輪に直接書いたほうがいいかもしれません。

 

猫の首輪に直接書いたり縫い付けたり

首輪の材質や厚みによってもことなりますが、

布製の首輪やシュシュやリボンなどを使っている場合は、

直接書くこともできます。

 

 

ですが、布に油性ペンで書いたらにじんで

見にくくなってしまった経験はありませんか?

そのようなときの対処法をご紹介します。

 

霧吹きで水をかけて湿らせた首輪(布)に油性ペンで書く

インクがにじむのは、布の毛細管現象でインクが繊維に広がるからです。

 

先に布に水分を浸みこませることによって、

インクの行き場を止めておくことができます。

 

ほかにもコポリマーという油をはじく成分が入った

ヘアスプレーを布にかけて文字を書けば

にじまないと言われていますが、

猫が舐めることを考えるとあまりおすすめできません。

 

首輪(布)の裏にスティックのりを塗る

首輪(布)の裏にスティックのりを塗って、

のりを乾かしてから油性ペンで書くという方法も

にじみにくいと言われています。

 

のりは洗えば落ちますので、

落としてから猫につけてあげてくださいね。

 

住所を書いた布を首輪に縫い付ける

もう一つのおすすめは、

文字が目立つ布に上記の方法で住所を書いて、

首輪に縫い付けるという方法です。

 

小さい頃体操服にゼッケンをつけたことはないですか?

すこし手間がかかりますが、

布を何度でもつけかえせますし、糸で縫い付けるので安全です。

 

 

首輪に住所を書く(つける)方法はいろいろありますので、

猫にストレスがかからない方法を選んでみてください。

もしペンで書く場合は試し布などを使って、まずは試し書きをして様子を見てください!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ