【おとなしく愛情深い猫】ラパーマの性格と特徴


【おとなしく愛情深い猫】ラパーマの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はラパーマの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ラパーマの由来

ラパーマのルーツは、1982年のアメリカオレゴン州になります。

 

さくらんぼ農園を営んでいた夫婦が飼育していた、

短毛の猫が子猫を産んだのですが、

その子猫の1匹が、他の兄弟猫とは特徴が全く違ったのです。

 

なんと、その猫はほぼ無毛だったのです!

 

無毛だった子猫は、健康上に問題があると思われましたが、

すくすくと育っていった結果、やがて柔らかい体毛が生え始めました。

最終的には、その無毛だった子猫は、かわいい巻き毛の持ち主の猫になりました。

 

その猫はやがて子猫を産んだのですが、

その産んだ子どもたちもすべて、無毛で生まれて、巻き毛に育ちました。

 

 

飼い主は品種作出には興味がなかったのですが、

周りの人たちに促され、ショーに出すと「とても珍しく特別な猫だ」という評価を得たので、

品種確立をすすめました。

 

こうして生まれたのがラパーマです。

スポンサーリンク

ラパーマの特徴

ラパーマの特徴は、品種の由来にもあった通り「巻き毛であること」が最大の特徴です。

特にあごの下と耳の付け根には強くカールがでます。

 

ラパーマの巻き毛は優性遺伝という遺伝方式で遺伝しますので、

子猫も巻き毛になりやすいです。

また、生まれた時期には無毛のことが多いです。

しかし、時間が過ぎるとカールした被毛が生えてきて完成されます。

 

初めて交配するメス猫も無毛になってしまうこともあります。

しかしこれもすぐに復活します。

 

 

ラパーマは、元々農家の猫だったので、

ネズミ捕りの能力がとても高く、とても俊敏に動きます。

 

体のサイズはやや小さめから一般的な猫のサイズです。

 

ラパーマの性格

ラパーマの性格面は、おとなしい子が多く、かつ愛情深いです。

 

また、人見知りなどもあまりせず、訪問客などにも物怖じしません。

以上の性格を考えると、とても飼いやすい猫でもあります。

 

ラパーマを飼う際の注意点

ラパーマを飼育する上で注意したいことは、

とても活発で運動量が多いので、

キャットタワーなどを用意してたくさん運動ができるような環境を作ってあげましょう。

 

動き回るので、大切な調度品などは傷つけられないように保護しておきましょう。

 

 

また、ラパーマは抜け毛も多いので、

ブラッシングなどのケアは1日1回以上は行ってあげてください。

放っておくと毛球症などの原因になります。

 

ラパーマにかかりやすい病気としては、

皮膚疾患や尿路結石があげられます。

 

皮膚疾患はブラッシングをしたり、

清潔な環境で飼育することで予防できるので、

ケアは怠らずに行いましょう。

 

尿路結石は、食事の質も大事ですが、

普段から尿の回数や量を観察しておき、回数が多いのに尿量が少ないなど、

尿を出しにくそうな様子が見られたら動物病院で検査をしてもらい適切な処置を受けましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ