【猫だっておしゃれしたい!】オススメ3タイプの爪とぎ


【猫だっておしゃれしたい!】オススメ3タイプの爪とぎ

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「爪とぎ」と、言葉にしてみると、

「ダンボール」や「絨毯のキレ端」等、

粗末な物を想像してしまいますが、

今は、おしゃれで機能性にも優れた爪とぎは多く販売されています。

 

今回は、おしゃれな爪とぎをご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫のダンボールの爪とぎは進化している!

ダンボール製の爪とぎといえば、

500円前後で売られている物を想像しているあなた!

その発想はもう古いかもしれません。

 

今は、

ダンボール製の猫用ベッドが売られている時代です。

 

現代の爪とぎは、

  • 「安心して就寝できる、ベッドタイプ」
  • 「潜り抜けをして遊べる、遊具タイプ」
  • 「猫や犬等のシルエットを模った、オブジェタイプ」等、

爪とぎ1つとしての役割だけでなく、

多機能性の爪とぎが多く、商品化されています。

 

また、高級感が出る様、

木製のシールで、デザイン性を高めている商品もあります。

 

価格は、1080円~

と、手頃な物もある為、

1度、ペットショップや百貨店等で、

品質をご自身の目でチェックしてみるのも、良いかもしれません。

スポンサーリンク

【体験談】木製の縁で囲われた爪とぎ

筆者は、木製の縁で囲われた爪とぎを

友人からプレゼントされた時、とても驚きました。

 

前章では、

「500円前後の爪とぎは古い!」

と、語っていたものの、

飼い猫には、先月まで使わせていましたし、

「爪とぎにお金を使うのは、勿体ない!」

と、考えていました。

 

しかし、頂いた爪とぎを

飼い猫に使わせてみると、

爪とぎを置いた途端に爪を研いでいました。

 

以前使っていた爪とぎは、

飼い猫が大人になるにつれ、

「ひっくり返る」「倒れる」等、

あまり使い勝手の良い物には見えませんでした。

 

 

ところが、頂いた爪とぎは、

木製の縁がダンボールを囲っているお陰か、

一切の動く事なく、快適に爪をといでいました。

 

また、組み立てに金属を使用しておらず、

組み木作りを採用している為、

フォルムが滑らかで、都会的です。

 

現時点で、使用期間1週間の為、

まだ経過観察が必要ですが、

今のところ、飼い猫は気に入って使ってくれています。

 

高級感を出すなら麻製のおしゃれな爪とぎが最適!

 

麻製の爪とぎの良点は、

デザイン性に優れている点です。

 

前章でご紹介した「ダンボール製」は、

様々なニーズに応える事が出来る様、

「機能性」「デザイン性」「価格」等、

様々なジャンルに分かれて商品化されています。

 

一方、麻製は、

「大型の遊具」と一緒になっているタイプが多い為、

価格は自動的に高価になります。

それでは、

中途半端なデザインでは市場競争に勝ち抜けない為、

自然と素敵なデザインの物が多く出回っています。

 

その為、

おしゃれな爪とぎを買う場合、

麻製の爪とぎを買うと無難でしょう。

 

 

 

また、あえて欠点を挙げるとすれば、

ダンボール製と違い、

安易に替えを用意できない点です。

 

ダンボール製は、価格が手頃な上、

取り替えタイプの物が多いです。

 

一方、麻製は、遊具と一体化している物が多く、

安易に付け替えが出来ないという欠点があります。

 

 

→Amazonで麻製の爪とぎを確認してみる

→楽天で麻製の爪とぎを確認してみる

 

 

いずれにせよ、

どちらのタイプも、おしゃれな爪とぎが多く販売されている為、

「ネット通販」「ペットショップ」等で見比べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ