【大柄で人懐っこい猫】ラガマフィンの性格と特徴


【大柄で人懐っこい猫】ラガマフィンの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はラガマフィンの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ラガマフィンの由来

ラガマフィンとはラグドールという品種から作られた新しい品種になります。

ラグドールを作出したアン・ベイカーがIRCAという組織を作り、

IRCAに登録したブリーダーしかラグドールという名前を使ってはいけないというビジネスを始めました。

 

このビジネスが受け入れられないラグドールのブリーダー達は、

RFCIという組織を設立して、自分達の猫をラガマフィンと呼び、品種登録を行いました。

 

RFCIは近親交配による健康上の問題を回避するために、

ラグドールとペルシャやヒマラヤンなどを交配させて、品種の確立を試みます。

 

こうしてラグドールとは一線を画す新しい品種、ラガマフィンが誕生したのです。

 

ラガマフィンという名前は、冗談半分で仮登録したものだったのですが、

後から変更が許可されなかったので、現在でもこの名前で通っているという話もあります。

スポンサーリンク

ラガマフィンの特徴

ラガマフィンの特徴は、体格がとてもがっしりしていて大きいことです。

 

後足が前足より長く、目は卵型でややつりあがっています。

 

被毛は、長毛でシルクのような手触りでしなやかです。

尾はとても長く、やわらかい毛におおわれています。

 

 

ラガマフィンの体重ですが、オスが8kg前後、メスが6kg前後です。

これは一般的な猫と比べると、とても大きいです。

 

また、ラガマフィンの平均寿命は、おおよそ12歳前後。

一般的な猫の寿命が15歳なので、比べると少し短命です。

 

ラガマフィンの性格

ラガマフィンの性格は、とても人懐こくて、おとなしい猫です。

また、環境への適応力が高いとされています。

 

人見知りもあまりしませんし、

環境の変化にも強いのでとても飼いやすい種類です。

 

ラガマフィンを飼う際の注意点

ラガマフィンを飼育する上で注意する点は、

非常に遊ぶことが大好きなことです。

 

これは、ラガマフィンが大人になったとしても、変わりません。

 

とても飼い主さんに甘えるのが大好きなので、

スキンシップは多めにとってあげましょう。

それがストレス解消にもなります。

 

また被毛が長いので、1日1回以上はブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

手入れをせずに放っておくと、毛球症という病気にかかりやすくなります。

これは飲み込んだ毛が腸管内で詰まってしまう病気です。

 

そうなると、外科手術でとりださないといけない事態になることも多いです。

猫にも大きなダメージとストレスを与えることになるので、

被毛の手入れはしっかりと行いましょう。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ