猫のくしゃみ・鼻血は異常のサイン!?4つの原因&治療法



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫のくしゃみが止まらなかったり、

鼻血が出たりするときは、

猫の身体に何らかのトラブルが起こっている可能性があります。

 

今回は、猫のくしゃみ・鼻血を引き起こす4つの原因と、

その治療法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫のくしゃみ・鼻血を引き起こす4つの原因

「猫のくしゃみが何日も続いた上に、鼻血まで出るようになった」

そんなとき、原因としては一体何が考えられるのでしょうか?

まずは、猫のくしゃみ・鼻血を引き起こす4つの原因を解説していきます。

 

1.異物による鼻粘膜の傷

石や草などの異物が鼻の中に入ると、

猫はくしゃみをしてそれを取り除こうとします。

 

その際になかなか異物を鼻から取り出せず、

鼻の粘膜が傷ついてしまった場合、猫の鼻から出血が見られることも。

 

2.クリプトコッカス症

主にハトの糞から感染することが多い、真菌が原因の感染症。

くしゃみや鼻血などの症状のほかに、

ドロッと濁った粘液膿性の鼻水が出るのが特徴です。

 

症状がする進行すると、

脳炎や髄膜炎といったの深刻な状態を引き起こすケースも。

 

理由は分かっていませんが、

猫の中でもシャムに多く見られる感染症だと言われています。

 

3.副鼻腔炎(ふくびくうえん)

鼻炎や歯周病が原因となって副鼻腔炎が起こり、

猫にくしゃみや鼻血といった症状が出ることがあります。

 

副鼻腔炎の状態が長く続くと慢性副鼻腔炎となり、

場合によっては一生くしゃみや鼻水に苦しむことに。

 

普段から鼻炎や歯周病の予防に努めることが大切です。

 

4.扁平上皮ガン(へんぺいじょうひがん)

猫における扁平上皮ガンは、

多くが鼻の表面や耳、まぶたなどに発生します。

 

扁平上皮ガンが鼻の表面に出来た場合、

くしゃみや鼻血といった症状が現れるほかに、

かさぶたのようなできものが出来ることが多いです。

 

紫外線との関連が疑われているため、

紫外線に弱い、白っぽい被毛の猫では特に注意が必要になってきます。

 

日ごろからよく猫の体を触ってマッサージを施し、

できものやしこりがないかチェックすることで、

早期発見が可能になると言われています。

スポンサーリンク

猫のくしゃみ・鼻血……どんな治療をするの?

猫にくしゃみ・鼻血といった症状が見られるとき、

病院ではどんな治療を受けることになるのでしょうか?

最後に、上で紹介した原因ごとに治療法を紹介していきます。

 

1.異物による鼻粘膜の傷の治療

鼻の粘膜を傷つけている異物を外科的に取り除いていきます

出血を抑えるため、猫の激しい運動を制限することも。

 

2.クリプトコッカス症の治療

トリアゾールやフルコナゾール、イトラコナゾールといった

抗真菌剤を用いて治療を行います。

 

完治するまでに3か月~1年という時間がかかるため、

根気強く治療を行っていくことが重要です。

 

3.副鼻腔炎の治療

まずは副鼻腔炎の原因となっている疾患を治療していきます。

鼻炎の場合は抗生物質や抗真菌薬を投与し、

歯周病の場合は歯石の除去などを行います。

 

また、副鼻腔炎によって副鼻腔に膿が溜まり、

蓄膿症を起こしているときは、外科手術によって膿を洗い流します。

 

4.扁平上皮ガンの治療

ガンがさほど大きくなく、猫の体力にも問題がないという場合は、

外科手術によってガン細胞を取り除きます。

 

逆に、猫の体力が手術に耐えられないケースでは、

抗がん剤を使った治療が行われることもあります。

 

 

恐ろしい病気が原因となっていることもある、猫のくしゃみや鼻血。

猫にくしゃみや鼻血の症状が見られたら、

早急に動物病院で診察を受けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ